ここから本文です。

山城広域振興局

食品検査のようす

山城北保健所検査室へのごあんない

微生物検査

山城北保健所は平成16年5月から拠点保健所としての検査室を整備し、山城広域振興局管内で発生する食中毒事件・感染症事件についての検査を行っています。それまで、京都府保健環境研究所で行っていた検査を保健所で行うことで、より住民に身近な行政を行います。

 

また、食品監視機動班等を配備し、食品の収去検査、環境細菌検査を実施することにより、食中毒発生の未然防止に努めます。写真1は安全キャビネットと言われるもので、検査員はこのボックスの中で、O157等の病原性大腸菌、赤痢菌、コレラ菌、腸炎ビブリオ、サルモネラ属菌、黄色ブドウ球菌、セレウス菌、キャンピロバクター、ウエルシュ菌などの危険性の高い細菌を取扱います。写真2はサルモネラ菌の培養写真です。

PCR検査

今回、京都府が最も力を入れて整備したのが遺伝子検査室です。従来の菌検査(菌培養検査)と並行して遺伝子検査を行うことにより、より正確・迅速に、事件となった原因菌や原因ウイルスを見つけだし、早急に対応でき、感染の拡大防止に役立てます。

 

写真3は遺伝子解析室内で検査員はサーマルサイクラーと呼ばれる遺伝子を増幅させる機械を操作しています。最後に左の撮像装置で撮影を行います。

結果が写真4です。はっきりした線が0157陽性のラインです。

お問い合わせ

山城広域振興局健康福祉部 山城北保健所

宇治市宇治若森7-6

電話番号:0774-21-2191

ファックス:0774-24-6215

yamashin-ho-kita-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?