ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府山城広域振興局 > 山城地域振興計画(平成20年4月~平成22年12月)について

ここから本文です。

山城広域振興局

山城地域振興計画(平成20年4月~平成22年12月)について

 京都府山城広域振興局では、山城地域の一層の振興・発展を図るため、平成17年3月に山城地域振興計画を策定したところですが、19年度末で策定から3年を経過することから、これまでの取組や成果、策定後に新たに発生した地域課題を踏まえ、今回、取組の充実ともに「やましろ農の担い手対策の推進」をはじめ、4本の具体的施策を新たに盛り込んでいます。 計画期間については、計画当初に概ね3~5年としており、平成21年度を目標年度としています。

 今後とも、この地域振興計画に基づき、各分野で具体的な施策の展開を図りながら、計画に掲げた山城地域の将来像「ともに創る活力とやすらぎの山城交流圏」の実現に向けて積極的に取り組んでまいりますので、府民の皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

1 計画の概要について

山城地域振興計画は、以下の構成としています。

  • 計画策定の趣旨
  • 地域特性
  • 地域の将来像と施策の基本方向
  • 具体的施策の展開

 このうち、地域の将来像、施策の基本的な方向、具体的に展開する施策について、その内容を紹介します。

地域の将来像

ともに創る活力とやすらぎの山城交流圏

  • ひと、もの、情報が交流し、新たな活力を生み出す地域
    高速交通網や情報通信網が発達する中で、ひと、もの、情報の交流を強め、一人ひとりの生活や企業活動に活力があふれる山城地域を目指します。
  • 地域産業の強みを磨き、京都府経済をリードする地域
    先端産業をはじめとするものづくり産業や農林業等の多様な産業が強みを錬磨し、新たな付加価値を創造して、旺盛に経済活動を行う山城地域を目指します。
  • 豊かな歴史と質の高い文化の中で、いきいきと暮らす地域
    豊かな歴史と質の高い文化を基礎として、一人ひとりが個性を発揮し、能力を活かして、多様で厚みのある生活を実現し、生きがいをもって充実した暮らしができる山城地域を目指します。
  • 恵まれた自然環境がうるおいとゆとりを生み出す地域
    森や水辺など恵まれた自然環境の中で、生活者や訪問者がうるおいとやすらぎを感じ、ゆとりの心を持つことができる山城地域を目指します。
  • 誰もが参加し、連携して創り上げる愛着の持てる地域
    NPO、ボランティアなど多様な担い手をはじめ、老若男女を問わず地域に暮らす誰もが、自らの意志と能力を持って積極的に参加し、互いに連携しながら地域づくりを進め、温もりと愛着の持てる山城地域を目指します。

施策の基本方向

(1) 豊かな自然と磨き上げた文化が織りなす交流圏の形成

  • 広域観光の推進
  • 宇治茶の振興と地域の活性化
  • モデルフォレストの推進と竹林の保全・整備
  • 景観の保全・整備と環境対策
  • 農地や里山、丘陵地等を活かした地域づくり
  • 地産地消の推進と食育の推進
  • 農の担い手確保と地域特産品の振興
  • 歴史文化の保全・継承と地域文化の振興

(2) 21世紀の京都府経済をリ-ドする成長軸の形成

  • 京都ITバザ-ル構想の推進
  • 関西文化学術研究都市の整備促進
  • 企業誘致の促進と裾野の広い産業集積の形成
  • 中小企業等の経営革新、ベンチャ-企業の育成
  • 商店街や小売商業の振興

(3) 地域の社会基盤の整備

  • 広域交通網の整備促進
  • 幹線道路・生活道路の整備
  • 自然災害からの安心・安全とうるおいのある環境空間の創出
  • 住民との協働による施設整備・管理
  • 高度情報化の推進と地域間格差の解消
  • 木津川右岸地域の整備の推進

(4) 地域の担い手づくりと豊かな地域社会の形成

  • 地域を担うひとづくり
  • 一人ひとりの尊厳と人権が尊重される社会の実現
  • 男女平等と共同参画社会の実現
  • 健康長寿の実現、地域福祉の充実及び少子化対策の推進
  • 市町村支援、パ-トナ-シップによる地域づくりの促進

具体的施策の展開

(1) 「やましろ観光」の推進

山城を訪れる人々が深い理解と感動を得られるよう、「食の楽しみ」、「学ぶ楽しみ」等をプラスした観光資源の魅力を高める取組や広域観光連携推進体制、観光キャンペーンを推進します。

(2) 「宇治茶の郷づくり」の推進

宇治茶は日本を代表するブランドであり、その増産のため約60haの茶園造成を目指すとともに、宇治茶の歴史と文化の再発見運動の推進と「お茶する生活」の普及等に取り組みます。

(3) 企業誘致の推進と中小企業の経営革新・ベンチャー企業の育成

山城地域内の企業誘致用地を新たに約80ha確保し、企業の立地促進を図るとともに、中小企業の経営革新、大学との連携、ものづくりに関する連携・情報発信を強化します。

(4) 山城モデルフォレストの推進と放置竹林の拡大防止

地域の課題解決のためのワークショップ開催など情報の共有化を進め、モデルフォレスト運動を推進するとともに、造林地などへ侵入した竹の除去や竹の利用促進などに取り組みます。

(5) 地産地消と食育の推進

直売所の売上倍増を目指し、生産者と消費者との交流や生産の担い手の確保・育成などに取り組むとともに、食育教室等を通じて子どもたちの健全な食生活の推進を図ります。

(6) 地域文化の振興

ホ-ムペ-ジ等による文化情報の発信、地域の芸術家等による体験型・参加型事業の促進や古(いにしえ)の街道を活かしたまちづくりの支援などに取り組みます。

(7) 道路の整備推進

計画的、重点的な幹線道路等の整備や防災対策、適正な維持管理を推進し、人と人、まちとまちを結ぶ交流基盤づくりを進めます。

(8) 自然災害からの安心・安全とうるおいのある環境空間の創出

河川や砂防施設の整備などを推進し、自然環境との調和や親水性に配慮したうるおいのある環境空間を創出するとともに、防災情報の提供と情報ネットワークの強化に取り組みます。

(9) 住民との協働による施設整備・管理

住民との協働による計画づくりや、「山城うるおい水辺パートナーシップ」制度などによる道路・河川の管理、環境保全を推進するとともに、公共施設整備の積極的なPRを進めます。

(10) 郷土を愛し、世界にはばたく子どもの育成

科学好き・ものづくり好きの子どもを育成する「京のエジソンプログラム」や児童の学力の充実を図るため大学生による学習支援、ふるさと意識の醸成のための駅伝開催等に取り組みます。

(11) やましろ農の担い手対策の推進

農の担い手確保と経営マインド養成研修等の実施、女性の経営参画とアグリビジネスの支援、水稲作業受託組織の育成を進めるとともに、都市と農村の交流を深め農村再生を促進します。

(12) 健康長寿の山城づくりの推進

団塊世代が多い地域特性を踏まえ、モデル事業で開発した保健指導や健康づくりを市町村と連携して普及させ、生活習慣病の予防を推進するとともに、保健・医療連携体制等を構築します。

(13) 安心して子育てできる環境づくりと障害者福祉の充実

NPO等による子育て支援の援助や小児救急医療体制の充実、児童虐待防止等の充実強化、精神障害やさらに広汎性発達障害等について早期発見、療育、就労等の支援を整備します。

(14) やましろの地域力再生による地域社会づくり

幅広い住民、NP0、大学等と連携し「山城NPOパートナーシップセンター」を拠点に地域力再生の活動支援に取り組み、互いに連携しがら地域づくりを進める愛着の持てる地域をつくります。

2 山城地域振興計画に対する府民の皆様からの意見募集結果

山城地域振興計画(中間見直し案)に対する府民の皆様からの意見募集結果 

平成17年3月に「山城地域振興計画」を策定してから3年が経過することから、これまでの取組や成果、新たな地域課題等を踏まえて、同計画の見直し行うため、中間見直し案について、府民の皆様から御意見を募集いたしましたところ、貴重な御意見をいただき、皆様の御意見を踏まえた計画の見直しをすることができました。今後とも、府民の皆様の御意見を踏まえ、「山城地域振興計画」を推進していくこととしていますので、皆様の御理解、御協力をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

(1) 意見募集期間
    平成20年1月4日(金曜日)~1月25日(金曜日)

(2) 意見提出数  414件

(3) 意見の概要

具体的施策 件数 概要
(1) 「やましろ観光」の推進 101 ・山城地域は歴史、文化など観光資源が豊富
・観光キャンペーン・PRの強化
・地元食材を使った土産物の開発、案内板・ 飲食店等の施設整備
・新しい切り口での観光コースの設定
・交通アクセスの整備 等
(2)「宇治茶の郷づくり」の推進 24 ・世界ブランド、全国ブランドとしての宇治茶のPR
・宇治茶を活かした料理や菓子の開発
・宇治茶の体験、宇治茶を楽しめる施設の整備
・安心安全なお茶の生産  等
(3)企業誘致の推進と中小企業の経営革新・ベンチャー企業の育成 8 ・自然と調和した企業誘致
・異業種交流の促進、ベンチャー企業と地元企業のコーディネータの設置 等
(4) 山城モデルフォレストの推進と放置竹林の拡大防止 16 ・住民と連携した取組の促進、チップ化した竹の活用 等
(5)地産地消と食育の推進 32 ・農産物直売所の増設、マップの作成
・子どもだけでなく、保護者等への食育、野菜のレシピ紹介 等
(6)地域文化の振興 1 ・移住者が山城地域の文化に馴染める施策の実施
(7)道路の整備促進 31 ・R163号の拡幅、山手幹線の早期完成、環境に配慮した道路整備、安全な歩道の整備(段差等)、自転車道の整備等
(8)自然災害からの安心・安全とうるおいのある環境空間の創出 10 ・河川敷等の整備、浸水想定マップのPR等
(9)住民との協働による施設整備・管理 0 -
(10) 郷土を愛し、世界にはばたく子どもの育成 7 ・子どもと親が共に学び共感出来る事業、ふるさとの理解を深める体験学習の実施等
(11) やましろ農の担い手対策の推進 18 ・農地バンクなどへの支援、都市と農村の交流・体験
(12) 健康長寿の山城づくりと障害者福祉の充実 29 ・団塊世代の生き甲斐づくりと生活習慣病予防
・救急医療体制の整備等
(13)安心して子育てできる環境づくりと障害者福祉の充実 46 ・子育て支援の拠点整備、小児科・産科医療の充実、施設の充実 等
(14) やましろの地域力再生による地域社会づくり 4 ・団塊世代の活用、広範囲のネットワークの構築 等
・その他全体に関するもの 87  ・里山の活用、それぞれの施策の連携、環境問題への取組、若者に魅力ある街づくり、山城地域の更なるPR 等

当初の山城地域振興計画(中間案)に対する府民の皆様からの意見募集結果

山城地域振興計画の策定に先立ち、同計画(中間案)について、府民の皆様から御意見を募集いたしましたところ、貴重な御意見をいただきありがとうございました。
お寄せいただいた御意見及びこれに対する府の考え方を下記のとおり公表いたします。

(1) 意見募集期間

  平成17年1月17日(月曜日)~2月16日(水曜日)

(2) 意見提出者数

  23名

(3) 意見提出数

  34件

(4)意見の要旨とそれに対する府の考え方

意見の要旨とそれに対する府の考え方(PDF:23KB)

3 山城地域戦略会議の構成、開催経過

(1) 山城地域戦略会議の開催状況

第1回 平成16年 9月10日 黄檗宗萬福寺(宇治市)

第2回 平成16年9月28日 酬恩庵一休寺(京田辺市)

第3回 平成16年10月15日 株式会社国際電気通信基礎技術研究所(精華町)

第4回 平成16年12月21日 文化パルク城陽(城陽市)

第5回 平成18年2月14日 京都醍醐プラザホテル(宇治市)

第6回 平成18年9月13日 京都醍醐プラザホテル(宇治市)

第7回 平成19年3月14日 ゆめりあうじ(宇治市)

第8回 平成19年7月11日 宇治総合庁舎(宇治市)

第9回 平成19年7月18日 宇治総合庁舎(宇治市)

第10回 平成19年7月26日 京都大学(京都市)

第11回 平成19年12月11日 宇治市産業会館(宇治市)

第12回 平成20年3月5日 ゆめりあうじ(宇治市)

(2) 委員名簿

(五十音順)

分野 氏名 所属等
観光 坂上 英彦 京都嵯峨芸術大学芸術学部教授
商工 佐藤 浩輔 京都機械工具株式会社相談役
教育文化 中津川敬朗 元山城町教育長
保健福祉 西村 周三 京都大学理事・副学長
開発学研 原本 敏明 財団法人関西文化学術研究都市推進機構常務理事 
茶業 福井 正憲 京都府茶業会館会頭
農業 松本 一実 社団法人農業開発研究センター嘱託研究員
地域づくり 宗田 好史 京都府立大学人間環境学部准教授
交通基盤 村橋 正武 立命館大学総合理工学研究機構チェアプロフェッサー
NPO 吉田 秀子 NPO法人働きたいおんなたちのネットワーク理事長

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

山城広域振興局企画総務部 企画振興室

宇治市宇治若森7の6

ファックス:0774-22-8865

yamashin-ki-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?