ここから本文です。

山城広域振興局

なすとあらめの煮物

なすとあらめの煮物のレシピ

材料

  • なす 3個
  • あらめ 40g
  • サラダ油 大さじ2杯
  • だし汁 1.5カップ
  • 砂糖 40g
  • しょうゆ 大さじ3杯

作り方・ポイント

1.あらめは1時間ほど水に浸けて戻しておく。長いものはザクザクと切っておく。

2.なすは縦半分に切ったものを3つに切る。

3.鍋に少量の油を熱してなすを炒め、さらにあらめを加えてよく炒める。

4.だし汁を入れて少し炊いてから調味料を加え、汁がなくなるまで弱火で煮る。なすとあらめがしっとりとなって味がなじんだら火を止める。

味おぼえ

京田辺市は「田辺なす」の産地として知られ、市内の農家や一般家庭で必ずと言っていい程栽培されている。ナスはナス科の1年草で、インドが原産地とされている。ナスは茄子と表記される。
アラメは荒布と書き、褐藻植物・コンブ目・チガイソ科の海藻で、滑海藻・荒海藻・里菜などの古名がある。アラメの成分は、水分・粗たんぱく・ラミラナン・マンニット・アルギン酸などのカリ・ヨード類である。

(伝えたいたなべの味:京都府田辺町生活改善郷土食伝承グループより)

お問い合わせ

山城広域振興局農林商工部 山城北農業改良普及センター

京田辺市田辺明田1

ファックス:0774-51-5348

yamashin-no-kita-nokai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?