ここから本文です。

京都府・市町村行財政連携推進会議の概要について

1 日時

平成18年11月29日水曜日 午後2時から3時40分まで

2 場所

府庁西別館4階大会議室

3 出席者

府内28市町村の助役等
京都府 総務部長他

4 概要

(1)京都府からの提案

(2)協議結果

  • 課税・徴収業務の共同のあり方について3分科会を設置して詳細な検討を行うことを確認し、併せて、19年度の共同化業務(案)が了承された。
  • 京都市とは別途個別に協議することとなった。
  • 市町村の税務課長等への説明会を12月に開催することとなった。

(3)主な意見

  • 共同化に賛同するが、現場が納得できるように丁寧に進めてほしい。現場では、法人住民税と軽自動車税の課税共同化にはメリットがあるが、個人住民税と固定資産税においては消極的である。徴収率も95%までアップしており、共同化を進めるに当たっては、現場が理解するためのプロセスが重要である。
  • 共同化のために共同組織を設立するのか。

(府の回答)

19年度は併任等で柔軟に対応したい。まず組織ありきではない。今後の検討課題である。

  • 分科会では、共同化の効果、個人情報の保護、地方税法上の制約を十分に検討する必要がある。
  • 城南滞納整理組合を共同化の中で一元化してほしい。
  • 地域によって納税への姿勢等が異なり、地域の実態に即した共同化が重要である。
  • 滞納整理に課題が多く、大口困難案件処理のための組織設立をお願いしたい。必要なら人を出すことも含め協力したい。
  • 共同化の範囲が、当初の「徴収」から「課税・徴収」に拡大しており、現場が十分理解する必要がある。課長会議の開催や分科会メンバーの選定で工夫が必要である。
  • 共同化には賛同するが、これまでに税システムに多額の投資をしている。再投資は困難であり、担当課長にもよく説明してほしい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部税務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4427

ファックス:075-414-4428

zeimu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?