ここから本文です。

課税分科会(第4回)について

1 日時

平成19年3月16日(金曜日) 午前10時から11時30分まで

2 場所

京都府職員福利厚生センター 第4会議室

3 出席者

5市町税務課長等
(府) 税務課、京都東府税事務所 (計11名)

4 議題

  1. 軽自動車税の業務共同化について
  2. 共同化に係る実態調査の実施について
  3. 当面のスケジュールについて
  4. その他

5 主な意見等

(1)軽自動車税の業務共同化について

府説明

実態調査結果
市町村への照会結果を報告。今後、府で分析を進める。

共同化に係る課題
実態調査結果をもとに、課題を整理するとともに対応を提案
今後の具体取組として

  • 電子データでの情報提供を実施している先行県(福岡県の一部市町で実施)からの情報収集
  • 軽自動車検査協会の電子情報(有料:49円/件)の活用等の検討
  • 費用対効果を踏まえた入力項目等の検討など

以上を実施し、結果を取りまとめてから分科会で報告することとする。

市町意見等

  • 「データ入力項目」は、共同化実施に当たっては、課税の立場からすると必要最小限の項目で進めてはどうか。市町村によっては、課税以外の事情で入力項目を増やしているが、調整すれば良いのではないか。
  • 「データ取込」に対応するにはシステム改修のための費用を要すことから、実施効果をよく考える必要がある。

(2)共同化に係る実態調査の実施について

協議結果

法人住民税、固定資産税(償却)の共同化に向けて、市町村事務の実態調査を府から提案。
調査内容については、市町の意見を踏まえて一部修正し、次の日程で実施する。
3月22日:市町村への照会
4月20日:回答期限
4月中に、府が結果をまとめる。
償却については、まとめた後に各市町村に参加を呼びかけ、
連休明けに共同調査チームを設置したい。

市町意見等

 法人住民税実態調査
  • 質問項目に、「設立届を提出していない法人の捕捉方法」を追加願いたい。
固定資産税(償却資産)実態調査
  • 調査した国税資料の残存価額と償却資産額に開きがある場合、その入手した調査資料の取扱い等を含めて、実地調査の対応をどうするか。実際に対応している団体の情報を得る必要がある。
  • 申告書等の送付については、会計事務所に送付したり、希望しない納税義務者には送付しないなど取扱いが多様なので、聞き方を工夫する必要がある。
  • 減免等の特例は内規で定めているので、そこまで調査するようにしてはどうか。

(3)当面のスケジュールについて


3月中に、「中間まとめ」事務局案を作成
4月10日徴収、課税、電算システム等合同分科会
その後、市町村税務担当課長会議
4月下旬府・市行財政連携推進会議
5月市町村長会議

6 その他

次回分科会 平成19年4月10日(火曜日)13時30分から(場所は別途連絡予定)
※徴収、課税、電算システム等合同分科会として実施

 

お問い合わせ

総務部税務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4428

zeimu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?