トップページ > 産業・雇用 > 研究開発 > 関西文化学術研究都市(愛称:けいはんな学研都市)

ここから本文です。

関西文化学術研究都市(愛称:けいはんな学研都市)

 

京都、大阪、奈良の三府県にまたがる京阪奈丘陵において、文化・学術・研究の新しい『拠点』づくりをめざしてスタートした関西文化学術研究都市(愛称:けいはんな学研都市)。
産・学・官の協力と連携のもと、ナショナルプロジェクトとして建設が進み、世界的な学術研究機関や国際的な交流拠点が次々と完成。住宅や都市基盤整備も進み、緑豊かな都市環境の中、活発な研究活動、潤いのある住民生活が営まれています。
これからも、次代をリードする創造的な学術・研究の振興及び新産業の創出を支援し、新しい文化を創造・発信する都市をめざして、躍進していきます。

新着情報

関西文化学術研究都市(愛称:けいはんな学研都市)について

都市の概要

関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)は、京都・大阪・奈良の三府県にまたがる豊かな自然・歴史・文化的環境と地理的に有利な条件に恵まれた京阪奈丘陵に立地しています。産・学・官の密接な連携のもとに文化、学術、研究、産業の新しい拠点を形成するとともに、未来を拓く知の創造都市として、魅力ある居住環境、都市環境の創造を目指すナショナルプロジェクトです。
また、日本の国際創造都市を目指し、首都圏とともに日本の文化・経済を二元的に支える近畿圏の中核となるよう都市形成を図りつつあります。
世界経済の一翼を担うまでに発展した我が国が、今後、人類の平和と繁栄にいっそう貢献するために必要とされている、国際的、創造的な文化・学術・研究の中核として、より重要な役割を担っていきます。

 

学研都市の区域

京阪奈丘陵の概ね15,000haの区域に、12の小都市群である文化学術研究地区を開発整備。小都市群に分散した開発方式によって、周辺の自然環境やコミュニティとの調和を図るとともに、段階的な整備を進めています。
それぞれの地区は、研究し、生活し、働き、学び、交流し、遊ぶための複合的な機能をもつ自律性の高い、アメニティの高い都市の形成を目指し、交通・情報ネットワークの整備によって全体として有機的に結ばれるよう整備を進めています。

関西文化学術研究都市

3府県7市1町

【京都府】京田辺市・木津川市・精華町
【大阪府】枚方市・四條畷市・交野市
【奈良県】奈良市・生駒市

文化学術研究地区

文化学術研究施設、文化学術研究交流施設を整備するとともに、公共・公益施設、住宅施設、その他施設を整備すべき地区

12地区
京都府域 6地区*
大阪府域 3地区
奈良県域 4地区*

※府県にまたがる地区があるため合計は一致しない

周辺地区

文化学術研究地区以外の地区であって、文化学術研究地区の整備に関連して必要な施設を整備し、及び環境を保全すべき地区

 

都市の整備

本都市の整備に当たっては、関西文化学術研究都市建設促進法(外部リンク)(昭和62年法律第29号)、国の「関西文化学術研究都市の建設に関する基本方針(外部リンク)」を基に、京都府域の建設に関する総合的な計画を策定しています。

また、京都府では、「関西文化学術研究都市の建設に関する基本方針(国土交通大臣)」及び「関西文化学術研究都市(京都府域)の建設に関する計画(京都府)」等に基づき、良好な都市景観、沿道景観の形成を推進しています。 

けいはんな学研都市『新たな都市創造プラン』

昭和62(1987)年の関西文化学術研究都市建設促進法の制定以来、立地施設数・人口ともに、着実に発展を遂げてきたけいはんな学研都市。関連する地域、組織との連携を深め、文化学術研究都市としての役割を果たしつつ世界に向けて存在感を高める段階に来ています。
この認識のもと、平成28(2016)年に、新たな都市創造のビジョン、新たな体制及び都市の概ね10年間の方向性を示す「新たな都市創造プラン」を策定し、その実現に向けて取り組んでいます。

都市建設のあゆみ

アクセス

アクセス

お問い合わせ

商工労働観光部文化学術研究都市推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

bunkaga@pref.kyoto.lg.jp