トップページ > 産業・雇用 > 研究開発 > 学研都市【スマートシティ/関西文化学術研究都市】 Science City【Smart city/Kansai Science City】

ここから本文です。

学研都市【スマートシティ/関西文化学術研究都市】 Science City【Smart city/Kansai Science City】

トップ 学研 フードテック ロボットヒル

学研都市風景

目次 table of contents

コンセプト Concept

学研都市の地図

シームレス社会づくりの中核拠点が、関西文化学術研究都市です。

四季折々の自然豊かな国、日本。中でも関西は、現存する世界の王室の中で最長の皇室を支えてきた地として、日本独自の文化芸能伝統工芸を育むとともに、それらを基盤に学術研究先端産業を切り開いてきました。

そんな関西の3府県にまたがる緑豊かな京阪奈丘陵に、関西文化学術研究都市整備促進法に基づく国家プロジェクトとして整備・振興を進めているのが「関西文化学術研究都市(愛称:けいはんな学研都市)」です。

エリア内には、既に京都大学、同志社大学などの7つの大学、量子科学、地球環境、電気通信、情報通信のほか、知能、バイオ、ロボティックスなどに関する国の研究機関、島津製作所、オムロン、京セラ、ニデックなどの企業の研究機関をはじめ155施設が立地し(研究者等の数1万1千人超)、そこに住まう人口も25万人を超えるなど、学術研究だけでなく産業や地域社会が共存する「産学公住一体型」の学術研究都市を形成しています。

このような地域社会とともに未来を切り開く学術研究都市を核に、誰ひとり取り残さない、誰もが輝ける、持続可能なスマート社会の実現を目指しています。

Japan is a country rich in natural beauty that changes with the seasons. Kansai, in particular, has supported the longest existing imperial family in the world, and has nurtured Japan's unique cultural arts and traditional crafts, as well as pioneered academic research and cutting-edge industries based on these.

Kansai Science City (nickname: Keihanna Science City) is located in the lush green Keihanna Hills that straddles three prefectures in the Kansai region, and is being developed and promoted as a national project based on the Kansai Science City Development Promotion Act. is.

In the area, there are already seven universities such as Kyoto University and Doshisha University, national research institutes in quantum science, global environment, telecommunications, information and communication, as well as intelligence, biotechnology, robotics, etc., Shimadzu Corporation, Omron Corporation, There are 155 facilities including research institutes of companies such as Kyocera and Nidek (more than 11,000 researchers, etc.), and the population living there is more than 250,000 people, making it useful not only for academic research but also for industry and the local community. We are forming an academic research city where society coexists with industry, academia, and public residence.

As an academic and research city that opens up the future together with the local community, we aim to realize a sustainable smart society where no one is left behind and where everyone can shine.

区域と立地優遇制度 Area and location preferential system

3府県8市町に跨がる京阪奈丘陵の概ね15,000haの区域に、12の小都市群である文化学術研究地区を開発整備。小都市群に分散した開発方式(クラスター型)によって、周辺の自然環境や地域コミュニティとの調和を図るとともに、段階的な整備を進めています。

A cultural and academic research district consisting of a group of 12 small cities was developed and maintained in an area of approximately 15,000 hectares in the Keihanna Hills, which spans three prefectures and eight cities. Through a development method (cluster type) distributed across small cities, we aim to harmonize with the surrounding natural environment and local community, and proceed with gradual development.

市町村一覧

クラスター一覧(外部リンク)

  • 田辺地区(京都府)
  • 南田辺・狛田地区(京都府)
    --狛田東地区(精華下狛ICすぐ)
    全容 上空から インターチェンジ
  • 木津地区(京都府)
  • 精華・西木津地区(京都府)
  • 平城・相楽地区(京都府、奈良県)
  • 普賢寺地区(京都府)
  • 氷室・津田地区(大阪府)
  • 清滝・室池地区(大阪府)
  • 田原地区(大阪府)
  • 平城宮跡地区(奈良県)
  • 高山地区(奈良県)
  • 北田原地区(奈良県)

研究機関・企業の集積 A cluster of research institutions and companies

KEIHANNA LINK(外部リンク)

学研都市産業人誌上座談会「けいはんな住人」

コア機関 Core institution

大学 University

サイエンス&アート Science & art

ウェルビーイング Well-being

ロボット/アバター/ICT Robot/Avatar/ICT

スタートアップ等 Startup etc.

けいはんなプラザ | KICK | D-egg | その他

けいはんなプラザ(外部リンク)

サイエンス&アート Science & art
ウェルビーイング Well-being
ロボット/アバター/ICT Robot/Avatar/ICT

けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)(外部リンク)

サイエンス&アート Science & art
ウェルビーイング Well-being
ロボット/アバター/ICT Robot/Avatar/ICT

D-egg(外部リンク)

サイエンス&アート Science & art
ウェルビーイング Well-being
ロボット/アバター/ICT Robot/Avatar/ICT

その他

プロジェクト Project

アクセス Access

直通バス(京都駅~けいはんな学研都市)

2018年度より、京都駅八条口・けいはんな学研都市間の直通バスが運行しています(京阪バス株式会社と奈良交通株式会社の共同運行)。時刻表や停留所等については、下記のリンクからご覧ください。

 

公共交通機関

公共交通機関をご利用の場合は、こちら(外部リンク)からご確認ください。

お問い合わせ

商工労働観光部文化学術研究都市推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

bunkaga@pref.kyoto.lg.jp