ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 文化スポーツ部 文化政策室 > 第2回国際京都学シンポジウム「東寺百合文書の現在と未来」 開催報告

ここから本文です。

第2回国際京都学シンポジウム「東寺百合文書の現在と未来」 開催報告

10月12日 第2回国際京都学シンポジウム「東寺百合文書の現在と未来」を開催しました (開催報告)

 国際京都学センター開設に向けたプレ事業として、世界記憶遺産登録資料「東寺百合文書」と「舞鶴引き揚げ資料」等歴史資料に焦点を当てた3回シリーズの国際京都学シンポジウムのうち、第2回について下記のとおり開催されました。

 東寺百合文書はユネスコ記憶遺産に登録されたばかりということもあり、当日は、会場に入りきれないほど多くの方に参加いただき、隣のモニター会場でも視聴いただきました。シンポジウムでは、日本国内外の研究者や府立総合資料館の職員により、東寺百合文書に代表される京都の史料の世界的価値、東寺百合文書のアーカイブズ化の取組、東寺百合WEBの実演や高精細画像を利用した中世史研究の更なる展開の可能性が提起され、盛会のうちに終了しました。

                  記

   ● 日時 平成27年10月12日(月・祝) 13:00~16:40

   ● 会場 京都府立大学 稲盛記念会館

   ● 参加者数 330名

   ● 内容  基調講演「世界の中の東寺百合文書」 ブライアン・ルパート氏

          講演1  「文化資源としての東寺百合文書」  井口和起氏

          講演2  「東寺百合文書研究のこれから -新たな地平をふまえて」 高橋敏子氏

          ワークショップ 「みんなの東寺百合文書」  横内裕人氏・小森浩一氏

第2回国際京都学シンポ1

 【基調講演の様子】

第2回国際京都学シンポ2

 【会場の様子】

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4223

bunsei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?