中丹広域振興局

トップページ > 地域振興 > 京都府中丹広域振興局 > 地域づくり振興課 > 京都北部いなか暮らし体験ツアー ~子育て移住~【参加申込み受付中】

ここから本文です。

京都北部いなか暮らし体験ツアー ~子育て移住~【参加申込み受付中】

開催概要

日時:2022年12月10日(土曜日)10時00分~16時00分

場所:舞鶴市、綾部市

定員:最小2名、最大6名(先着順)

参加費:3,000円

内容:

綾部市の中でも里山エリアの上林地区。ここに移住され子育てをされているお母さんにその暮らし、教育環境についてざっくばらんにお話ししていただきます。また、全校生徒50名前後の上林小中一貫校を見学。そして舞鶴パートは、自由な教育をされている森のこら幼稚園の先生に幼稚園について、そして舞鶴での暮らしについて尋ねてみます。最後は舞鶴の子育て世代必見の公共施設をいくつか車窓、もしくは下車して外観を見学します。

ゲスト:

柏原安子(かしわばらやすこ)【綾部市】

大学在学中に留学し、お菓子の美味しさに魅了され、帰国後、カフェやケーキ店で働く。その後社会勉強の為、お菓子の輸入商社で企画開発の仕事に携わり、その傍らでフランス菓子のお菓子教室に通い続ける。タルトと焼き菓子のお店を開く予定で準備を進めていたが、良い店舗物件に巡り合えず、先に結婚を決意し出産。
生まれた娘がフランス菓子に使っていた材料のほとんどにアレルギー反応が出たため、食生活を見直すきっかけに。それ以後、自己流でバターや卵を使わなくても、フランス菓子に負けず劣らない味わい深いスイーツを試行錯誤の上、2008年にむしぱん専門店を開業。2013年大阪から娘の小学校入学に合わせて綾部に移住。今に至る。
 
  • 今していることお菓子屋、農家民宿
  • 子育て歴15年

亀村美由紀(かめむらみゆき)【舞鶴市】

難病を患い、舞鶴に移住して20年。現在も働く森の子ら幼稚園を見学し、ほれ込み、勤務。現在に至る。
自ら考え体験し、自然に触れる感性をそだてる幼稚園に通い、全力で遊ぶ子供たちが自身のエネルギーの源。二児の母でもあり、舞鶴の子育て交流施設で子育てサポーターをして相談業務を担当。地域のNPOにも関わり、子どもたちとプロギングを行い、京都北部をクリーンにしています。舞鶴が好きで、生きる意味を感じる舞鶴。昨年はオリンピックの聖火ランナーをつとめました。
 

行程:

10時00分JR東舞鶴駅南口集合
10時30分上林小中一貫校訪問【綾部市】
11時30分奥上林地区の拠点、二王の栖で地元食材を活かした昼食をお召し上がりいただきます。
12時30分食後、綾部市上林に移住された柏原さん、舞鶴市に移住された亀山さんのお話を伺います。
14時30分出発
15時00分東舞鶴の子育て関連施設を車窓見学【舞鶴市】
16時00分JR東舞鶴駅で解散
 

主催:京都府中丹広域振興局

共催:京都府移住センター

企画・運営:MATATABI

その他:新型コロナ感染症拡大の状況によりましては、延期又は中止となる場合がございます。

参加申込み(外部リンク)

お問い合わせ

中丹広域振興局農林商工部 地域づくり振興課

舞鶴市字浜2020番地

ファックス:0773-62-2859

chushin-no-chiiki@pref.kyoto.lg.jp