トップページ > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 地域交響プロジェクト交付金 > 府民に寄り添った地域活動緊急支援事業

ここから本文です。

府民に寄り添った地域活動緊急支援事業

府民に寄り添った地域活動緊急支援事業の募集について
【募集は終了しました】

京都府では、NPOやボランティアグループ等の民間団体が、新型コロナウイルス感染症の影響により、生活に困窮されている京都府内の世帯に対し、年末年始における支援物資(食料品及び生活必需品)を無償で提供する活動について、以下のとおり支援します。

交付率

10分の10(上限額30万円・下限額1万円)

交付対象者

地域団体(ボランティアグループ、NPO、自治会、社会福祉協議会等)

特定の政治、宗教、思想等の普及を目的とした団体、特定の公職者(候補者を含む)又は政党を推薦し、支持し、又は反対することを目的とする団体、暴力団の統制下にある団体や暴力団員を構成員に含む団体は対象外となります。

対象事業

令和3年12月25日(土曜日)から令和4年1月7日(金曜日)の間、京都府内において生活困窮世帯へ年末年始の支援物資(食料品や生活必需品)を無償で提供する活動

  • 年末年始の期間の目安:令和3年12月30日から令和4年1月3日
  • 支援物資の数量、金額の上限:1人当たり5日分まで、かつ合計1万円まで
  • 支援物資の購入等の事前準備:12月3日から対象

<対象事業の例>

  • NPO等が活動拠点や公的施設等において、生活に困窮されている世帯へ無償で食料品や生活必需品を配布
  • NPO等が生活に困窮されている世帯へ無償で食料品や生活必需品を配達又は配送

対象経費

区分

内容

備考

(1)支援物資購入費

提供する支援物資の購入費
(お米、レトルト食品などの食料品や、トイレットペーパー、生理用品などの生活必需品)

提供する支援物資の数量は、1名当たり5日分を上限とします。

提供する支援物資の合計金額は、1名当たり1万円を上限とします。

(2)配送料

 

支援物資の配送に係る経費
(宅配業者による配送料、レンタカー代、燃料費)

直接配送を行った場合の燃料費は、37円/kmにて積算します。

(3)使用料

配布会場等の使用に係る経費
(会場使用料、テント、テーブル、イス、保冷庫、暖房器具などのレンタル料)

 

(4)謝金

支援物資の提供(配送に係る自動車等の運転作業等を含む。)に係る事業協力者に対する謝金

1名につき、1時間当たり1千円、1日当たり1万円を上限とします。

(5)旅費

支援物資の提供に係る事業協力者の旅費

公共交通機関の実費相当額とします。

(6)諸費

告知用チラシの作成、段ボール・ガムテープ等の梱包資材やマスク等消耗品の購入、ボランティア保険の加入等に係る経費

 


○留意事項
上記補助対象経費のうち、市町村又は他団体から補助金、助成金、委託料等(以下「他の補助金等」という。)の交付を受ける事業に係る経費については、対象外とします。
交付額は、上記補助対象経費から他の補助金等の当該交付対象事業に係る収入額を控除した額(総額)とする。ただし、総額30万円を超える場合であっても、30万円を限度とします。

募集期間

令和3年12月3日(金曜日)から12月22日(水曜日)必着

各種様式ダウンロード

各様式への押印は不要です。

〈実績報告時様式〉

※上記様式の他に「領収書の写し」、「領収書の原本」、「チラシ、写真など事業実施のわかる資料」を添付してください。なお、領収書原本は確認後返却します。

〈その他様式〉

参考(記載例)

申請方法

所定の申請様式により、事業を実施する地域の広域振興局に、郵送又は持参により提出してください。(事業を実施する地域が京都市・乙訓地域の場合は、企画参事(中部担当・府民協働担当)付に提出)

交付決定の状況

問合せ先・申請先

  • 政策企画部企画参事(中部担当・府民協働担当)付(電話075-414-4452)
  • 山城広域振興局地域連携・振興部 企画・連携推進課(電話0774-21-2049)
  • 南丹広域振興局地域連携・振興部 企画・連携推進課(電話0771-24-8430)
  • 中丹広域振興局地域連携・振興部 企画・連携推進課(電話0773-62-2031)
  • 丹後広域振興局地域連携・振興部 企画・連携推進課(電話0772-62-4300)

お問い合わせ

政策企画部企画参事(中部担当・府民協働担当)付

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4230

kikaku-chubu@pref.kyoto.lg.jp