トップページ > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 国土交通省の令和元年度「手づくり郷土(ふるさと)賞」に京都府内から1件選定

ここから本文です。

国土交通省の令和元年度「手づくり郷土(ふるさと)賞」に京都府内から1件選定

報道発表日:令和元年11月22日

政策企画部戦略企画課
075-414-4334

国土交通省は、社会資本と関わりをもつ地域づくりの優れた取組を推進するため、今年度の「手づくり郷土賞」として、24件(一般部門20件、大賞部門4件)を選定し、そのうち、京都府内から一般部門で1件が選定されましたので、お知らせします。
なお、近畿地域では、他に2件選定されております。
また、選定された取組は、12月14日(土曜日)に政策研究大学院大学にて受賞記念発表会で発表されます。

(1)綾部バラ会

案件名

市民が守り育てるバラ園

活動拠点

綾部市

活動内容

綾部市制施行60周年記念事業として「綾部バラ園」を開園。バラ園を継続して管理運営する「綾部バラ会」が設立された。登録ボランティアにより除草や花ガラ摘み等を毎週実施する他、春と夏の年2回、バラまつりを開催。現在、120種類・1,200本のバラが咲いており、令和元年春のバラまつりには79,096人の入場者があった。園内のバラのオーナーになってもらう「バラのオーナー制度」や自宅でバラ園を開園する所には「フレンドガーデン」に認定するなど、花と緑あふれるまちづくりの一翼を担っている。 

参考

「手づくり郷土賞」

 地域の個性・魅力を創出し、良質な社会資本及びそれと関わりをもつ優れた地域活動を広く募集・発掘し、これらを全国に広く紹介することにより、個性あふれ活力ある郷土づくりに資することを目的として創設された国土交通大臣表彰制度。今年度で34回目の開催。

「手づくり郷土賞受賞記念発表会~グランプリ2019~」

日時

令和元年12月14日(土曜日) 12時30分~16時10分(予定)

場所

政策研究大学院大学 1階 想海樓ホール
(東京都港区六本木7-22-1)

内容

  1. 令和元年度「手づくり郷土賞」選定団体による活動プレゼン
  2. グランプリ(一般部門、大賞部門)の発表、講評

注※有識者からなる手づくり郷土賞選定委員会が審査し、一般部門、大賞部門それぞれのグランプリを決定

 

お問い合わせ

政策企画部総合政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4389

sogoseisaku@pref.kyoto.lg.jp