ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府中丹広域振興局 > 中丹・田舎暮らし通信vol.12(平成19年10月31日発行)

ここから本文です。

中丹広域振興局

中丹・田舎暮らし通信vol.12(平成19年10月31日発行)

農業改良普及センターでは、中丹管内(舞鶴市、綾部市、福知山市)の田舎暮らしに関わる情報を発信しています。今回は綾部市坊口町の黒大豆栽培交流の近況について紹介します。

1.黒大豆の栽培を通して交流を深めています

昨年度(18年度)から始まった黒大豆栽培交流は、今年は3家族(夫婦3組)が参加しています。
綾部市坊口町で営農されている松井さんが指導し、黒大豆8アールがまもなく収穫を迎えます。

2.共同作業、共同管理

1家族ずつに区画分けされた市民農園と違い、1つのほ場をみんなで作業するのが特徴になっています。
土・日曜日を中心に作業日を決めて集まります。全員集まるときと、順番に1家族ずつ行くときとあり、ある程度の日程調整も可能です。
参加者は足繁く通っていたため、地域の方々とも顔見知りになり、地元の方から、売りに出されている家を紹介してもらえるほどになりました。

竹で支柱を作成
写真:4月28日竹で支柱を作成

黒大豆の種まき
写真:6月12日黒大豆の種まき(発芽後、定植しました)

土寄せ1回目
写真:7月7日土寄せ1回目

土寄せ2回目
写真:7月29日土寄せ2回目

支柱立て
写真:8月11日支柱立て

紫ずきんの出荷用袋詰め体験
写真:黒大豆栽培以外も体験しました。(紫ずきんの出荷用袋詰め体験)

しいたけ栽培
写真:しいたけ栽培

3.まもなく収穫します

参加者の作業はもちろんのこと、指導・管理してくださっている松井さんのおかげで黒大豆はすくすくと生育し、11月10日(土曜日)の午前中に収穫を予定されています(雨天の場合中止)。
興味のある方は、収穫日に現地見学にぜひお越し下さい。

お問い合わせ

中丹広域振興局農林商工部 中丹東農業改良普及センター

綾部市川糸町丁畠10-2

ファックス:0773-42-0191

chushin-no-higashi-nokai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?