ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府中丹広域振興局 > 担い手養成実践農場を活用した第三者継承に関する合意書調印式(2013年2月25日)

ここから本文です。

中丹広域振興局

担い手養成実践農場を活用した第三者継承に関する合意書調印式(2013年2月25日)

平成25年2月25日(月曜日)、綾部総合庁舎にて、第三者継承に関する合意書調印式を開催しました。
これは、綾部市の担い手養成実践農場2ヵ所において、2年間の研修終了が間近になったことから、研修生と経営移譲者(技術指導者)との「農業経営継承に関する合意書」調印式を、関係機関立ち会いのもとに開催したものです。研修終了後は3年間で経営基盤となる農地等を受け継ぎます。
研修生からは、預かった農地をしっかりと管理し、地域の担い手として農業経営を頑張りたいとの決意表明がありました。普及センターでは、今後も安定した経営が出来るよう支援していきます。

署名調印
合意書に関係者が署名調印

決意表明
研修生夫妻の決意表明

お問い合わせ

中丹広域振興局農林商工部 中丹東農業改良普及センター

綾部市川糸町丁畠10-2

ファックス:0773-42-0191

chushin-no-higashi-nokai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?