ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府中丹広域振興局 > ポジティブリスト制度[中丹東農業改良普及センター]

ここから本文です。

中丹広域振興局

ポジティブリスト制度[中丹東農業改良普及センター]

平成18年5月29日から農薬のポジティブリスト制度が導入され、農薬の残留規制が大きく変わります!

食品衛生法が改正され、個々の作物と国内外の全ての農薬等について、残留基準が設定されました。

本人の農薬散布であっても、隣接ほ場からの飛散であっても、残留基準を超過した作物は、出荷できません。

改正の背景と改正点(キャベツを例にして説明)

現在の食品衛生法

使用できる『殺菌剤A』残留基準:有→流通規制ができる
使用できない『殺菌剤B』残留基準:無→流通規制ができない
残留基準が無い場合、その農薬が作物に残留していても、流通規制が出来ないため、消費される可能性があります。

消費者(生産者も)の食の安全性が脅かされる事から、法改正が行われました。

これからの食品衛生法

  • 「キャベツ」に使用できる『殺菌剤A』は、今まで通りの残留基準を使用します。
  • 「キャベツ」に使用できない『殺菌剤B』にも残留基準を設定しますが、
    特に、国内外で参考になる残留基準がない場合は、一律に「0.01ppm」という厳しい基準が設定されます。
  • 残留基準を超過すると、強制的に出荷停止となり、違反者の公表もありえます。
    →産地維持の危機

この改正内容から考えられる留意点

  • 残留基準が低い農薬が飛散すると、残留超過の危険がある。
  • 自分の農薬飛散が、他人の農作物を出荷停止にしてしまう可能性がある。

ポジティブリスト導入後に想定される問題(例)

  • 水稲にナイアガラで防除した時、隣で栽培されているキャベツに農薬が飛散し、残留基準を超えて検出され、出荷停止になった(下図参照)。
  • 野菜の防除を行った後で、タンク、ホースをよく洗わず、茶の防除をしたら、茶から野菜に使用した農薬が基準を超えて検出された。
  • 農薬散布を行ってから、トマトの収穫をしたところ、手に付いていた農薬がトマトに付着し、残留基準を超えて検出された。
  • Aさんがキャベツの防除を行う際、Bさんの収穫間近のほうれん草に、農薬が飛散し、残留基準以上の農薬が検出されたため、Bさんのほうれん草は出荷停止になった。

ポジティブリスト制度

残留基準を超過しないようにする対策

  • 大前提として、必ず農薬のラベルを確認し、点検して使用する。
  • 作付け前に、集落で同一品目の団地化を話し合う(農薬飛散防止のため)。
  • ハウス内、田畑での混作をやめる。
  • 隣接ほ場栽培者との防除計画等の情報交換を行う。
  • 農薬飛散(ドリフト)の防止(風力、風向き、散布圧力などに注意する)。
  • 農薬の剤型の選択(飛散しにくい粒剤等を考える)。
  • 散布器具(タンク、ホース)の洗浄(薬液残りによる誤散布の防止)。
  • 収穫調整前の手洗いの励行(手に付着した農薬による残留の防止)。
  • 農薬散布履歴の記帳(問題が起こった時の自衛策として、必ず記帳する)。

(参考)残留基準が0.01ppmって、どのくらい厳しい基準?
トレボン乳剤(成分20パーセント)を2000倍で、1キログラムの野菜におよそ0.1ミリリットル噴霧すると検出される程度
(ちなみに園芸用の霧吹きで1回吹き付けるとおよそ0.7ミリリットル)

お問い合わせ

中丹広域振興局農林商工部 中丹東農業改良普及センター

綾部市川糸町丁畠10-2

ファックス:0773-42-0191

chushin-no-higashi-nokai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?