ここから本文です。

移動関係 鉄道駅-福祉のまちづくり100選

1 京阪出町柳駅~七条駅の色彩(所在地:京都市)

  • 地下駅はどれもよく似た風景であるため、柱や壁の色を変えて聴覚障害者にもわかりやすく案内。写真の三条駅はピンク色に。
  • 丸太町駅の柱や壁の色は青色に統一。
    三条駅ホーム 丸太町駅ホーム

2 阪急河原町駅の階段昇降機(所在地:京都市)

  • 昭和30年代に建てられ、エレベーターの設置が困難なこの古い駅にも階段昇降機があり、車いすの人も安心してホームへ。
    階段昇降機

3 地下鉄丸太町駅の自動改札(所在地:京都市)

  •  無人の改札口でも、テレビカメラに向けて障害者手帳を示すと遠隔操作で車いす使用者用の改札扉が自動的に開閉。
    改札口

4 JR城陽駅の車いす用通路(所在地:城陽市)

  • 橋上化されたこの駅では、ホームが狭いなどの理由からエレベーターの設置は困難。ホームに直接つながる通路を設けて、車いす使用者の通行をスムーズに。 (写真の左端は乗車駅証明書発行機)
    城陽駅の車いす用通路

5 JR東舞鶴駅(所在地:舞鶴市)

  • 全体に整備されたこの駅は、福祉の配慮で府北部を代表する駅に。
    JR東舞鶴駅前 改札口

6 近鉄新祝園駅(所在地:精華町)

  • 障害者をはじめすべての人の利用を考えて整備されたこの駅は、府南部における整備された駅の一つに。
    近鉄新祝園駅ホーム 近鉄新祝園駅エレベーター

お問い合わせ

健康福祉部地域福祉推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4615

chiikifukushi@pref.kyoto.lg.jp