閉じる

ここから本文です。

トップページ > 運転免許 > 新型コロナウイルス感染症を理由とする各種延長手続きの終了について

新型コロナウイルス感染症を理由とする各種延長手続きの終了について

新型コロナウイルス感染症を理由とする各種延長手続きは終了しました

更新期間延長・卒業証明書等の延長は、令和3年12月28日(火)をもって申請受付を終了いたしました。

新型コロナウイルス感染症の影響により既に運転免許を失効された方

新型コロナウイルスへの感染やそのおそれから運転免許証の更新を受けることができなかった方につきましては、「やむを得ない理由」があり失効された方として、失効前の講習区分が継続されたり、手数料が減額される場合があるため、失効手続きの際、職員にお申し出ください。

  • 失効後の再取得の手続きとなりますので、再取得するまで運転はできません。
  • 京都駅前更新センターでの失効手続きはできません。運転免許試験場(更新通知ハガキに警察署での受付記載がある方については、当該警察署でも可能)でのお手続きをお願いします。
  • 申請者からの事情聴取結果により、「やむを得ない理由」として認められない場合があります。その場合は通常の失効手続きとなりますので、ご了承下さい。
  •  「やむを得ない理由」として認められた場合、手数料の減額措置はありますが、更新通知ハガキに記載の金額より手数料がかかる場合があります。

※失効手続きとなりますので、詳しくは、「手続き案内」、「免許証失効(有効期間切れ)手続き」を、ご確認ください。

お問い合わせ

京都府警察本部運転免許試験課

京都市伏見区羽束師古川町647