閉じる

ここから本文です。

トップページ > 運転免許 > 講習案内 > 高齢者講習(令和4年5月13日に改正道路交通法が施行され、70歳以上の運転免許更新制度が変わりました。)

高齢者講習(令和4年5月13日に改正道路交通法が施行され、70歳以上の運転免許更新制度が変わりました。)

令和4年5月13日に改正道路交通法が施行され、運転技能検査の導入やこれまで実施されていた認知機能検査と高齢者講習の内容及び手数料が変更されました。

運転技能検査の導入

  • 75歳以上で一定の違反歴のある方は、運転免許更新の際に、運転技能検査の受検が必要となります。
  • 運転技能検査に合格しないと運転免許の更新はできません。

対象になる方

更新期間満了日の年齢が75歳以上で普通自動車対応免許(普通、準中型、中型、大型の各免許)を保有し、直近の誕生日の160日前から過去3年間に、信号無視等の11類型の違反をした方。

大特・小特・二輪・原付のみの運転免許を保有の方は運転技能検査の対象にはなりません。

受検期間

  • 運転免許証の有効期間満了日前の6か月以内(認知機能検査や高齢者講習と同じ)。
  • 不合格となった場合でも、期間内の繰り返しの受検は可能です。

運転技能検査の対象になる違反類型

  1. 信号無視
  2. 通行区分違反
  3. 通行帯違反等
  4. 速度超過
  5. 横断等禁止違反
  6. 踏切不停止等・遮断踏切立入り
  7. 交差点右左折方法違反等
  8. 交差点安全進行義務違反等
  9. 横断歩行者等妨害等
  10. 安全運転義務違反
  11. 携帯電話使用等

検査内容

実際にコースを走行し、一時停止、交差点の右左折、段差乗り上げなどの課題により技能水準を確認する検査を行います。

認知機能検査

検査内容

  • 検査内容が「時間の見当識」「手がかり再生」の2項目になります。「時計描画」はなくなります。
  • 認知機能検査の結果は、「認知症のおそれなし」と「認知症のおそれあり」で判定されます。

「認知症のおそれあり」と判定された場合は、医師の診断書の提出が必要です。認知症と診断された場合は、運転免許が取り消し、又は停止されます。

認知機能検査の免除

認知症に関する診断書を提出した場合など、認知機能検査の受検が免除される場合があります。

免除される方(いずれも更新期間の満了日前6か月以内)

  • 認知症に関する診断書を提出した場合
  • 新規の免許を受けた場合
  • 臨時適性検査を受けた場合

高齢者講習

  • 認知機能検査の結果に関係なく、講習内容が2時間に一本化されます。
  • 高齢者講習の内容は、「座学」「運転適性検査器材による指導」「実車による指導」の合計2時間です。
  • 普通自動車対応免許の更新をされる方は、普通車で「実車による指導」を行います。
  • 普通自動車対応免許以外の免許(二輪、原付、大特及び小特の各免許)のみを更新される方の講習は、「実車による指導」はなく、「座学」と「運転適性検査器材による指導」のみの合計1時間です。

講習等手数料

  • 認知機能検査:1,050円
  • 運転技能検査:3,550円
  • 高齢者講習(2時間) 普通自動車対応免許:6,450円
  • 高齢者講習(1時間)  二輪等のみの免許※:2,900円
    ※ 二輪・原付・大特・小特のみの免許

 


(PDF:3,795KB)

お問い合わせ

京都府警察本部運転免許試験課

京都市伏見区羽束師古川町647