ここから本文です。

ご自宅で療養される方へ

新型コロナウイルスに感染された方で「無症状・軽症」と診断された方のうち、入院医療コントロールセンターの医師や保健所が、症状やご家庭やご家族の状況などを総合的に判断して、自宅での療養をお願いしております。

突然のことに不安を感じておられることと思いますが、安心して病状の回復を迎えられるよう、様々な支援体制を整えておりますのでご安心いただき、一日も早く新型コロナウイルスの収束を迎えるため、府民の皆様一人ひとりのご協力をお願いします。

自宅療養中の健康観察などについて

自宅療養をされている方へは、保健所が地域の医師会などとも連携して健康観察を実施します。
大切な命を守るため、また、感染を拡大させないためにも、以下のことについてご協力をお願いいたします。

  • 療養期間中は外出できません。
  • 禁酒・禁煙です。
  • 療養中は、毎日、1日2回、体温測定などの健康観察をご自身で行ってください。
  • 保健所等が必要に応じて電話などで健康状態の確認を行います。
  • 服薬中のお薬が不足しそうな場合や、必要なお薬がある場合は、まずはかかりつけ医に電話でご相談ください。
  • 症状(発熱、咳、痰、倦怠感など)が悪化した場合には、すぐに保健所に連絡してください。
    必要に応じて、京都府が設置している陽性者外来(胸部CT検査、⾎液検査など)の受診や訪問診療(診察、点滴など)を調整させていただきます。
  • 体調が急変した場合には、ためらわずに救急車を要請してください。
    救急車を要請する際には、コロナに感染し自宅療養をしていることをお伝えください。

緊急性の高い症状

以下(注)は、ご家族などがご覧になって判断した場合です。

表情・外見
  • 顔色が明らかに悪い(注)
  • 唇が紫色になっている
  • いつもと行動・言動が違う、様子がおかしい(注)
息苦しさなど
  • 息が荒くなった(呼吸数が多くなった)
  • 急に息苦しくなった
  • 日常生活の中で少し動くと息があがる
  • 胸の痛みがある
  • 横になれない、座らないと息ができない
  • 肩で息をしている、ゼーゼーしている
  • パスルオキシメーターの値が93%以下
意識障害など
  • ぼんやりしている(反応が弱い)(注)
  • もうろうとしている(返事がない)(注)
  • 脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする

同居家族の方へ

【参考】新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項について(日本環境感染学会とりまとめ)(外部リンク)

健康観察機器の貸与と食料品などの支給について

健康観察機器の貸与

京都府では、自宅療養をされている方に対して、健康観察に必要なパルスオキシメーターと体温計の貸与を行っております。
管轄の保健所にお申し込みいただければ、2~3日後に郵送される予定となっています。

食料品・生活必需品セットの支給

京都府では、自宅療養をされている方のうち、食料品等の調達が困難な方に対して、食料品と生活必需品のセットを支給しています。(アレルギー非対応)
管轄の保健所及び京都府新型コロナウイルス感染症陽性者登録センターから案内される申請先にお申し込みいただければ、3~4日後に配達される予定となっています。

療養終了について

自宅療養の方の療養期間は、保健所及び京都府新型コロナウイルス感染症陽性者登録センターからの初回連絡時にご案内し、原則、保健所等から療養解除時の連絡は行いません。

なお高齢者や基礎疾患のある方など、重症化リスクを有する方や高熱が続く方などに、必要に応じて保健所等が健康観察を行い、療養解除をお知らせします。解除日の考え方は以下のとおりです。

  • 症状がある方・・・発症日から10日間経過し、かつ、症状が軽快した後72時間経過した時点で、療養終了となります。
  • 症状がない方・・・検査を実施した日から7日間経過した場合は、8日目に療養解除となります。また10日間を経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食を避け、マスクを着用する等、感染対策をお願いします。

(※)療養期間の考え方厚生労働省通知で示された基準を採用

療養解除後、普段の生活に戻るうえで、気をつけていただきたいこと

  • 最初の1週間程度は、体調に充分留意しながら、徐々に通常生活に戻しましょう。
  • 療養終了後も1ヶ月程度は健康観察を行い、咳や発熱などの症状が出た場合には、速やかに保健所に連絡の上、指示に従い、必要に応じて医療機関を受診してください。
  • 医療機関を受診される際には、あらかじめ、新型コロナウイルス感染症に感染していたことを電話連絡の上、受診してください。

「特例郵便等投票」による投票について

新型コロナウイルス感染症で宿泊・自宅療養等をしている方で、一定の要件に該当する方が郵便等で投票できる制度です。
詳しくは、こちらをご覧ください。

お問い合わせ先

  • 京都市内にお住まいの方
  • 京都市以外にお住まいの方