トップページ > 子育て・健康・福祉 > 子育て・青少年 > 家庭支援総合センター > 令和4年度第4回ひきこもりを支える家族教室の内容変更について

ここから本文です。

令和4年度第4回ひきこもりを支える家族教室の内容変更について

第4回家族教室の内容変更について

家族教室の内容を変更します

京都府家庭支援総合センターでは、ひきこもり状態にある方を支えるご家族を対象とした家族教室を実施しておりますが、新型コロナウイルス感染症の感染状況から、前回の家族教室に引き続き、会の後半に実施している家族交流会は中止とさせていただき、話題提供のみとさせていただきます。そのため、会の終了は14時45分を予定しています。

家族交流会を楽しみにされていた方には大変申し訳ありませんが、ご理解、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

参加者には、会場に入る前の検温、手指の消毒、マスクの着用に御協力をお願いします。体調が優れない時は、参加はご遠慮ください。

会場のこまめな換気、家族教室終了後の消毒を徹底します。

参加をご希望される方は、必ず事前に、ひきこもり相談専用電話までお電話いただき、参加の予約をお願いいたします(京都府在住の方、ひきこもり当事者が京都府在住の御家族の方に限らせていただきます)。

電話:075-531-5255(平日の午前9時から午後4時)参加には事前予約が必要です。

第4回ひきこもりを支える家族教室プログラム

8月30日(火曜日)、9月2日(金曜日)

テーマ:「子どもの自己肯定感を高めるために親ができること」

講師:サポートスペースゆまほほ代表 岡田洋之氏

各回とも事前に電話でご予約いただき、参加希望日をお伝えください。なお、両日参加はできません。どちらか1回とさせていただきます。

お問い合わせ

健康福祉部家庭支援課 家庭支援総合センター

京都市東山区清水四丁目185-1

ファックス:075-531-9610

ksc-soumu@pref.kyoto.lg.jp