トップページ > 子育て・健康・福祉 > 子育て・青少年 > 家庭支援総合センター > 令和4年度ひきこもりを支える家族教室の開催について

ここから本文です。

令和4年度ひきこもりを支える家族教室の開催について

令和4年度ひきこもりを支える家族教室の開催について

家族教室の日程が決まりました

京都府家庭支援総合センターでは、ひきこもり状態にある方を支える御家族を対象とした家族教室を実施しています。家族教室では、ひきこもりについての理解や対応方法を学ぶだけでなく、様々なプログラムを通して、御家族の不安や孤立感を和らげることにも取り組んでいます。また、同じ悩みや不安のある参加家族の方々に、意見交換をしていただく家族交流も行っています。

新型コロナウイルス感染症予防の観点から、昨年度に引き続き、以下の点に留意し、家族教室を開催することとします。ただし、状況に応じて、延期または中止する可能性があることをご承知置きください。

  • 1テーマにつき2回開催し、参加者の分散を図ります。そのため、完全予約制とします。
  • 1グループは3~4名の少人数で実施します。最大5グループ、1回で最大20名とします。
  • 参加者には、会場に入る前の検温、手指の消毒、マスクの着用に御協力をお願いします。
  • 会場のこまめな換気、家族教室終了後の消毒を徹底します。

家族教室開催に当たっては、以下のチェックリストのとおり感染防止対策を行います。

イベント開催時のチェックリスト(PDF:319KB)

参加をご希望される方は、必ず事前に、ひきこもり相談専用電話までお電話いただき、参加の予約をお願いいたします(京都府在住の方、ひきこもり当事者が京都府在住の御家族の方に限らせていただきます)。

電話:075-531-5255(平日の午前9時から午後4時)
注※参加には事前予約が必要です。

令和4年度ひきこもりを支える家族教室
<日程>

(第1回)5月24日(火曜日)及び5月27日(金曜日)オリエンテーション、ひきこもりの基本的知識
(第2回)6月21日(火曜日)及び6月24日(金曜日)マインドフルネスについて学ぶ
(第3回)7月26日(火曜日)及び7月29日(金曜日)家族療法の考え方を学ぶ
(第4回)8月30日(火曜日)及び9月2日(金曜日)子どもの自己肯定感を高めるために親ができること
(第5回)9月27日(火曜日)及び9月30日(金曜日)支援事例(不登校からのひきこもり支援)から子どもへの接し方を考える
(第6回)10月25日(火曜日)及び10月28日(金曜日)作業療法士会の取り組み、支援事例の紹介
(特別編)11月11日(金曜日)精神科医の話を聴く

(第7回)11月15日(火曜日)及び11月25日(金曜日)経験者の体験談とトークセッション
(第8回)12月13日(火曜日)及び12月16日(金曜日)ご自身の考え方を知る~認知行動量方の視点~
(第9回)令和5年1月24日(火曜日)及び1月27日(金曜日)発達障害の支援事例
(第10回)2月21日(火曜日)及び2月24日(金曜日)振り返り、まとめ

各回とも事前に電話でご予約いただき、参加希望日をお伝えください。なお、両日参加はできません。どちらか1回とさせていただきます。

家族教室ご案内(PDF:140KB)

プログラム(PDF:135KB)

日時:毎回13時30分~15時15分

内容の詳細については、京都府ひきこもり支援ポータルサイトにも掲載しています。
会場は京都府家庭支援総合センターです。特別編(11月11日)、第7回(11月15日、11月25日)開催分については、会場を変更して実施します。
注1)プログラムの内容については、変更される場合があります。
注2)北部地域での家族教室については、開催方法、内容等も含め検討中です。詳細が決定次第、ポータルサイトなどで御案内いたします。

お問い合わせ

健康福祉部家庭支援課 家庭支援総合センター

京都市東山区清水四丁目185-1

ファックス:075-531-9610

ksc-soumu@pref.kyoto.lg.jp