ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 家族研修会「ひきこもりについて学ぶ~当事者の思い、支援者の願い~」を舞鶴で開催します!

ここから本文です。

家族研修会「ひきこもりについて学ぶ~当事者の思い、支援者の願い~」を舞鶴で開催します!

家族研修会「ひきこもりについて学ぶ~当事者の思い、支援者の願い~」を舞鶴で開催します。

今年3月、内閣府から「40歳以上のひきこもり当事者が約61万3千人」と発表されたこと等により、ひきこもりに対する世間の関心が高まっています。では、なぜ、人はひきこもり状態になるのでしょうか。また、当事者はどのように思い、支援者はどう考えているのでしょうか。

京都府家庭支援総合センターでは、ひきこもりに対する正しい知識、理解を深めていくことを目的に、JR西舞鶴駅の駅西交流センターで研修会を開催します。研修会の前半では、基調講演として、京都ノートルダム女子大学の河瀬雅紀先生をお招きし、ひきこもりの基礎知識について学びます。後半では、京都文教大学准教授の松田美枝先生をコーディネーターに、パネルディスカッションを行います。

多くの方々にご参加いただき、ひきこもりの知識、理解を深めていただきたいと考えています。

<ご案内>

1.日時 令和元年9月12日(木曜日) 午後1時30分~午後4時(受付は午後1時~)

2.場所 舞鶴西駅交流センター 3階ホール(JR西舞鶴駅下車すぐ)

3.内容

  • 「京都府のひきこもり支援」 脱ひきこもり支援センター長 金森 正明
  • 基調講演「ひきこもりの基礎知識」 京都ノートルダム女子大学教授 河瀬 雅紀先生
  • パネルディスカッション「当事者の思い、支援者の願い」

コーディネーター 京都文教大学准教授 松田 美枝先生

パネラー NPO法人ニュートラル 町田 弘樹氏

当事者家族

中丹西保健所 精神保健福祉相談員 丹羽 琢哉

4.対象者 ひきこもり当事者の御家族をはじめ、ひきこもり当事者や支援に携わる方等、どなたでも御参加いただけます。

詳細については、PDFファイルをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部家庭支援課 家庭支援総合センター

京都市東山区清水四丁目185-1

ファックス:075-531-9610

ksc-soumu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?