トップページ > 子育て・健康・福祉 > 子育て・青少年 > 令和4年度ひきこもり支援対応力強化研修(基礎編)の実施について

ここから本文です。

令和4年度ひきこもり支援対応力強化研修(基礎編)の実施について

ひきこもり支援対応強化研修(基礎編)の実施について

ひきこもり支援対応力強化研修(基礎編)を開催します

京都府脱ひきこもり支援センターでは、ひきこもり当事者やそのご家族の相談をお受けしています。その相談の多くはご家族からのスタートですが、それまでにご家族には多くの葛藤、不安、孤独感など、様々な感情があったと思われます。また、やっと相談ができたとしても、さらにそこから時間がかかり、疲弊されるケースも少なくありません。

今回のひきこもり支援対応強化研修(基礎編)では、「家族」にスポットを当て、相談までのご家族の思い、相談後のご家族の変化、ご家族を支えるために支援者に求められることを考えてみたいと思います。研修の前半では、京都府脱ひきこもり支援センターの取り組みの報告と、ひきこもり当事者のご家族で、ひきこもりサポートスペースゆまほほ代表の岡田洋之氏をお招きし、当事者を支えてこられた親の視点、支援者の立場からの視点、両側面からお話しいただき、家族の役割を考えてみたいと思います。また、研修の後半では、質疑応答、意見交換を行い、支援者の役割について考えてみたいと思います。

多くの方々にご参加いただき、ひきこもりの知識、理解を深めていきたいと考えています。

1 日時・会場

【丹後会場】令和4年11月28日(月曜日)14時~16時

(京丹後市)大宮地域公民館(アグリセンター大宮)

【南丹・乙訓会場】令和4年12月5日(月曜日)14時~16時

(亀岡市)ガレリアかめおか2階大広間

各会場とも受付は13時30分~

2 内容

【話題提供】

「京都府脱ひきこもり支援センターの取り組み」

京都府脱ひきこもり支援センター

「ひきこもり当事者家族が一歩を踏み出すということ」

岡田洋之氏(ひきこもりサポートスペースゆまほほ代表)

【質疑応答、意見交換】

3 対象

市町村や指定相談事業所(障害)、社会福祉協議会、地域包括支援センター、福祉事業所等の職員及び民生児童委員、京都府こころの健康推進員など

お問い合わせは、京都府家庭支援総合センター(京都府脱ひきこもり支援センター)まで

電話(075)531-5255(9時~16時)

 

令和4年度ひきこもり支援対応力強化研修(基礎編)(PDF:219KB)

 

 

お問い合わせ

健康福祉部家庭支援課 家庭支援総合センター

京都市東山区清水四丁目185-1

ファックス:075-531-9610

ksc-soumu@pref.kyoto.lg.jp