トップページ > 子育て・健康・福祉 > 子育て・青少年 > 令和4年度ひきこもり支援対応力強化研修(実践編)の実施について

ここから本文です。

令和4年度ひきこもり支援対応力強化研修(実践編)の実施について

ひきこもり支援対応強化研修(実践編)の実施について

ひきこもり支援対応力強化研修(実践編)を開催します

京都府脱ひきこもり支援センターでは、ひきこもり当事者やご家族の相談だけでなく、支援をされている方からの相談もお受けしています。相談を受けた方、支援されている方から、「相談でどのようなことを確認すれば良いか、わからない」、「当事者に会わない中で、具体的に何をどのようにすれば良いか、掴めない」といった声を聞くことは少なくありません。また、「長く相談を続けていても、変化がみられず、相談を続けられない」という話をお聞きすることもあります。

そこで、今回のひきこもり支援対応強化研修(実践編)では、事例を通して、どのようなことを確認していくか、どのような支援が考えられるかを、参加者の皆さんと一緒に、グループワークに取り組みながら考えていきたいと思っています。また、京都府脱ひきこもり支援センターから相談場面のポイント、ひきこもり当事者のご家族で、ひきこもりサポートスペースゆまほほ代表の岡田洋之氏をお招きし、当事者を支えてこられた親の視点から、相談場面での親の心境や、大切にしてもらいたいことをお話しいただきます。

多くの方々にご参加いただき、ひきこもりの知識、理解を深めていきたいと考えています。

1 日時・会場

【山城会場】令和4年11月30日(水曜日)14時15分~16時

受付は14時~

(城陽市)文化パルク城陽4階大会議室

【中丹会場】令和4年12月8日(木曜日)14時~16時

(福知山市)市民交流プラザふくちやま4階市民交流スペース

受付は13時45分~

2 内容

【グループワーク】

「ひきこもり相談の受け方、進め方」

事例提供:京都府脱ひきこもり支援センター

【まとめ】

「ひきこもり相談で大切にしたいこと」

京都府脱ひきこもり支援センター

「ひきこもり当事者家族が一歩を踏み出すということ」

岡田洋之氏(ひきこもりサポートスペースゆまほほ代表)

3 対象

市町村職員、ひきこもり支援団体等で実際に支援をされている方、基礎編を受講しさらに専門的知識の獲得を目指したい方等

お問い合わせは、京都府家庭支援総合センター(京都府脱ひきこもり支援センター)まで

電話(075)531-5255(9時~16時)

 

令和4年度ひきこもり支援対応力強化研修(実践編)(PDF:221KB)

 

 

お問い合わせ

健康福祉部家庭支援課 家庭支援総合センター

京都市東山区清水四丁目185-1

ファックス:075-531-9610

ksc-soumu@pref.kyoto.lg.jp