ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 農林水産部 流通・ブランド戦略課 > 丹後農業を支える担い手育成を目指して(令和元年度丹後農業研究所及び丹後農業改良普及センター活動報告会)

ここから本文です。

丹後農業を支える担い手育成を目指して(令和元年度丹後農業研究所及び丹後農業改良普及センター活動報告会)

報道発表日:令和2年1月22日

京都府農林水産技術センター農林センター丹後農業研究所
0772-65-2401

京都府丹後農業改良普及センター
0772-62-4308

京都府農林水産部流通・ブランド戦略課
075-414-4968

丹後農業研究所と丹後農業改良普及センターでは、昨年度から農業関係者をはじめとする府民の皆様を対象に、報告会を共同で開催しています。

本年度は、丹後農業実践型学舎事業を中心に今後の担い手育成に役立てていただくための活動や成果について下記のとおり報告会を開催しますので、是非お集まりください。

※丹後農業実践型学舎事業は、丹後国営開発農地で、栽培技術や丹後の農産物を使った加工技術、農業経営等について、2年間の実践的な研修を経て、将来の地域農業の担い手になっていただく仕組みで、平成25年度から今年度末まで実施している事業です。

1 日 時

令和2年2月14日(金)13時30分~16時

2 場 所

京都府農林水産技術センター農林センター丹後農業研究所 講堂

(京丹後市弥栄町黒部488)

3 内 容

(1)活動報告

〇学舎事業の成果と課題について

丹後農業研究所 学舎担当 中村 一友(なかむら かずとも)

〇学舎事業終了後の支援について

京丹後市役所農業振興課 松尾 浩希(まつお ひろき)

〇新規就農者支援と近年の状況

丹後農業改良普及センター 曽根 秀樹(そね ひでき)

〇丹後農業実践型学舎を振り返って

実践型学舎 第1期修了生 西﨑 充洋(にしざき みつひろ)

〇京都府における担い手育成支援対策について

経営支援・担い手育成課 小西 真唯子(こにし まゆこ)

(2)意見交換

タイムスケジュール等詳細はこちら(PDF:91KB)

4 そ の 他

参加無料、事前申込不要

問い合わせ先

京都府農林水産技術センター農林センター丹後農業研究所

学舎担当 課長補佐 中村

総務担当 副主査 野村

TEL:0772-65-2401 FAX:0772-65-3561

京都府丹後農業改良普及センター

副所長 小川

TEL:0772-62-4308 FAX:0772-62-5894

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部流通・ブランド戦略課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4974

ryutsu-brand@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?