ここから本文です。

新型コロナウイルス感染に不安のある皆さまへ(濃厚接触者Q&A)


目次

Q1.「濃厚接触者」の定義は何ですか。

A1.新型コロナウイルス感染症のPCR検査等で陽性となった者(患者)と、感染の可能性のある期間(症状が出る2日前から入院等になるまでの期間)に接触し、以下の範囲に該当する場合は濃厚接触者と定義されます。

  • 患者と同居あるいは長時間の接触(車内・航空機内等を含む)があった者
  • 適切な感染防護(マスクの着用など)なしに患者を診察、看護もしくは介護をした者
  • 患者の気道分泌液もしくは体液などの汚染物に直接触れた可能性のある者
  • その他:手で触れることのできる距離(1メートル)で、必要な感染予防策なしで患者と15分以上の接触のあった者

【参考】

Q2.感染の可能性がある状況とは

A2.次のような状況を参考にしてください。

  • 陽性の診断を受けた人(以下、「陽性患者」とします。)と、感染可能期間中(発病した2日前から入院や自宅等待機開始までの期間)に、マスクをしないで(アゴにずらして)会話・飲食を共にした人
    例えば、「対面で話す」場合で距離は「1メートル以内」時間は「15分以上」です。
  • マスクを外して同じ生活空間で過ごす(トイレや浴室を共有する)同居者や家族

Q3.家族や友人知人・同じクラス・職場で患者が発生しました。この場合、自分は濃厚接触者ですか。

A3.濃厚接触者に該当するかどうかは、保健所が、患者、または家族や会社などから聞き取り調査をし、「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領」に記載されている定義を踏まえて、マスク着用の有無、接触時間の長さ、距離の近さ、空間の密閉度や患者の症状などから状況に応じて総合的に判断します。そのため、同じクラス・職場で患者が発生したとしても、一概に濃厚接触者になるとは言えません。

【参考】

Q4.職場に出入りしている別の業者の社員が濃厚接触者と判定されました。この場合、自分の職場の人間も濃厚接触者になりますか。

A4.濃厚接触者は患者との接触者を指します(Q1を参照してください)。そのため、濃厚接触者と接触してもただちに濃厚接触者と判定されるわけではありません。当該濃厚接触者がPCR検査で陽性となれば、改めて保健所が、患者に対して濃厚接触者の調査をします。

Q5.自分が濃厚接触者と判定されました。どうすればいいですか。

A5.症状の有無により、下記のとおり参考にしてください。

発熱等の症状のある方

まずはかかりつけ医にご相談ください。検査費用はかかりませんが、初診料等の自己負担がかかります。

相談及び受診の際は、必ず事前に電話で連絡をお願いします。

かかりつけ医がいない場合には、「きょうと新型コロナ医療相談センター(※下記参照)」で診療可能な医療機関をご案内します。なお、その際には「陽性患者と接触があった」ことを伝えた上でご相談ください。

無症状の方

保健所から連絡がありますので指示に従ってください。保健所の検査は時間を要することもありますので、お急ぎの場合は、お近くの医療機関にご相談いただくこともできます。

ご相談がある場合には、以下の連絡先にご連絡ください。その際、「陽性患者と接触があった」ことを伝えてください。

自主的に検査キット等を用いて、受検することは差し支えありませんが、検査キットによっては結果にかかわらず確定診断とならず、改めて検査を受けていただく場合がありますので、ご確認の上、受検願います。
なお、薬局で新型コロナウイルス感染症に係る医療用抗原検査キットが購入可能となっています。取り扱いについては以下のQAをご覧ください。

Q6.濃厚接触者と判定され検査を受けたところ陰性でした。通常どおり生活できますか。

A6.濃厚接触者と判断された場合は、感染している可能性があることから、陰性であっても、患者と接触した後10日間は健康状態に注意を払い(健康観察)、外出は自粛するなど保健所の指示に従ってください。

Q7.同居家族が陽性となり、入院(または施設療養)となりました。今後、どのように過ごしたらよいですか。

A7.患者の同居家族は基本的に濃厚接触者と判断されます。感染している可能性があることから、患者と接触した後10日間は健康状態に注意を払い(健康観察)、外出は自粛するなど、保健所の指示に従ってください(Q5を参照してください)。

Q8.同居家族が陽性となり、自宅療養しています。日常過ごす中で気をつけることはありますか。

A8.自宅療養されている方については、外出をすると感染を広げる可能性がありますので、保健所が指示する期間は家で過ごしてください。また、症状が変化した場合などに備えるため、保健所の指示に従って定期的に健康状態の報告をしてください。同居者も健康観察を行いましょう(Q7を参照してください)。
また、以下の8つの点に注意してください。

(1)部屋を分けましょう

患者が生活するのは個室にし、御本人は極力部屋から出ないようにしましょう。

(2)患者の世話はできるだけ限られた方が行うようにしましょう

(3)患者はもちろん、同居者全員がマスクをつけましょう

使用したマスクは他の部屋に持ち出さないでください。
マスクの表面には触れないようにしてください。マスクを外した後は必ず石鹸で手を洗いましょう。

(4)こまめに手を洗いましょう

こまめに石鹸で手を洗い、アルコール消毒をしましょう。

(5)換気をしましょう

定期的に換気してください。

(6)手で触れる共有部分を消毒しましょう

共用部分(ドアの取っ手、ノブ、ベッド柵など)は、0.05%に薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう(塩素系漂白剤の薄め方については、以下のリンクを参考にしてください)。
患者が使用したあとのトイレは、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒しましょう。また、洗浄前のものを共用しないようにしてください。

(7)汚れたリネン、衣類を洗濯しましょう

患者の体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、他の衣服とは別に一般的家庭用洗剤で洗濯し、完全に乾かしてください。

(8)ゴミは密閉して捨てましょう

鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨ててください。

【参考】厚生労働省作成ビラ

Q9.別居家族が陽性となり、自分が濃厚接触者と判定されました。どうしたらよいですか。

A9.濃厚接触者と判断された場合は、保健所の指示に従ってください(Q5を参照してください)。濃厚接触者は、感染している可能性があることから、患者と接触した後10日間は、健康状態に注意を払い(健康観察)、不要不急の外出は控えてください。

Q10.別居家族が陽性となり、自宅療養をしています。食料品の買出しなどを自分が行うことになりました。気をつけるべきことはありますか。

A10.マスクの着用や手洗いなどの感染予防対策を行うほか、自宅療養中の別居家族に食料品や荷物などを届ける場合には、玄関先に置いて取りにいってもらうなど、直接患者と会わないような工夫をしてください。

Q11.学校や職場で患者が出た場合、どこをどのように消毒したらよいですか。

A11.消毒方法については、次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤を薄めたもの)やアルコール消毒液による消毒が効果的とされています(家庭用塩素系漂白剤を使った次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方については、以下のリンクをご覧ください。また、Q8も参照してください)。これらの消毒液で患者が触れた部分を拭うなどして消毒してください。また、保健所が積極的疫学調査を行った際に消毒範囲についての指示があった場合には、その指示を参考に消毒してください。

【参考】新型コロナウイルス対策ポスター「身のまわりを清潔にしましょう。」(外部リンク)

お問い合わせ

きょうと新型コロナ医療相談センター
(365日24時間、京都府・京都市共通)
電話:075-414-5487