トップページ > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 健康福祉部 健康対策課 > 京都精華大学との連携による臓器移植啓発キャラクターの決定及び第20回臓器移植推進国民大会のポスター及びチラシついて

ここから本文です。

京都精華大学との連携による臓器移植啓発キャラクターの決定及び第20回臓器移植推進国民大会のポスター及びチラシついて

報道発表日:平成30年9月20日

京都府健康福祉部健康対策課
075-414-4735

京都府では、移植医療に関する正しい知識を普及・啓発し、臓器提供に関する意思を尊重できるよう、「いをつなぐグリーンリボン京都府民運動」に取り組んでいます。

より多くの府民、特に若者が臓器移植や意思表示について考えるきっかけをつくるため、京都精華大学と連携し、京都府オリジナルの「臓器移植啓発アニメキャラクター」の制作を進めています。この度、学生が制作した作品に対するインターネットによる人気投票を実施し、その結果によりキャラクターを決定しました。

また、それに合わせて、本キャラクターを使用した10月に京都府で開催の「第20回臓器移植推進国民大会」のポスター及びチラシを作成しましたのでお知らせするとともに、広くご周知をお願いします。

臓器移植啓発アニメキャラクター インターネット投票結果概要

1 投票期間 平成30年7月20日(金曜日)~8月19日(日曜日)

2 投票方法 インターネットを利用したweb投票

3 投票総数 417

(内訳)

性別 男性31%、女性69%

年齢別 20歳未満26%、20~24歳47%、25歳以上27%

 

1位 88票(全体の21%)

 

作者:トウ ホウショウさん

作者コメント:キャラクターイラストのコンセプトは「つなぎ」。

臓器移植によって、いのちといのちがつなぎ結べると思い、意思のリレーというテーマもあり、このようなイラストを描きました。

 

 

 

 

第20回臓器移植推進国民大会 ポスター・チラシ

1 作成部数 ポスター(B2サイズ):1,000部、チラシ(A4サイズ両面):20,000部

2 設置場所 府内市町村役場、保健所、医療機関

3 コンセプト 「怖い」「不安」といった移植医療に対するネガティブなイメージを払拭し、親しみやすさを感じられるアニメキャラクターを採用しました。

 

第20回臓器移植推進国民大会の概要

日時 平成30年10月7日(日曜日)13時00分~17時30分

場所 同志社大学 寒梅館(室町キャンパス)

参加者 一般府民、地域の医療関係者 等

主催 厚生労働省、京都府、(公社)日本臓器移植ネットワーク、(公財)日本腎臓財団

実行委員会 京都府、京都府立医科大学 移植・一般外科、同志社大学商学部 瓜生原葉子研究室、(一財)京都予防医学センター、京都腎臓病患者協議会、未来の会

その他 10月13日(土曜日)には京都駅周辺で関連イベントを実施

京都タワーライトアップ

GreenPrideFes(内容:音楽ライブ及びトークセッション、場所:京都駅大階段、主催:京都腎臓病患者協議会)

 

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp