ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 新型コロナウイルスに係る肺炎の国内における患者の発生について

ここから本文です。

新型コロナウイルスに係る肺炎の国内における患者の発生について

報道発表日:令和2年1月16日

健康対策課

中華人民共和国武漢市において発生している新型コロナウイルスに関連した肺炎について、本日、国内初の患者が確認されたと厚生労働省から公表がありましたのでお知らせします。

(参考)令和2年1月16日付け厚生労働省報道発表資料(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

府民の皆様におかれましては、次の点に御留意ください。

  • 新型コロナウイルス関連肺炎は、発熱、全身倦怠感、咳などを主症状とし、肺炎は起こすものの、現在確認されている患者のうち重症例は十数%に留まっています。また、厚生労働省によると、持続的なヒトからヒトへの感染の明らかな証拠はないとされています。
  • 武漢市から帰国・入国される方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、速やかに医療機関を受診していただきますようお願いします。
    なお、受診に当たっては、武漢市への滞在歴があることを申告してください。
  • 風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。

 

 

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?