ここから本文です。

新たな移住・定住に関するシンポジウム

バナー

今、テレワークの増加等、働き方の変化とともに、ライフスタイルが多様化しており、地方移住への関心が高まっています。
そのため、京都府では、「地方だからできる子どもの学びと人の働き方」をテーマに、豊かな暮らしを実現するための新たな移住・定住について一緒に考えていただく機会として、シンポジウムを開催しました。

日時

令和2年11月8日(日曜日)午後2時から午後3時30分まで

配信URL

配信は終了しました。

会場

会場参加はありません。
インターネット参加のみとなります。

アンケートご協力のお願い

アンケートアンケートは終了しました。

内容

基調講演「好奇心を育む環境を探す前にまず何を問うべきか」

講師:塩瀬 隆之(しおせ たかゆき)氏(京都大学 総合博物館 研究部情報発信系 准教授)

<講師プロフィール>

塩瀬氏京都大学大学院工学研究科修了、人工知能による熟練技の伝承システムの研究で博士(工学)。
2012年経済産業省課長補佐(技術戦略担当)。2014年京都大学総合博物館准教授復職。
経済産業省産業構造審議会イノベーション小委員会委員。2020年大阪・関西万博日本館基本構想ワークショップ有識者。
NHK Eテレ「カガクノミカタ」番組制作委員。
著書に『インクルーシブデザイン』(学芸出版社、2014)、『問いのデザイン』(学芸出版社、2020)。

パネルディスカッション「学びや働き方からみる地方の魅力」

【パネリスト】(50音順)

塩瀬氏塩瀬 隆之(しおせ たかゆき)氏(基調講演講師) 

京都大学総合博物館准教授。
拙速な問題解決に歯止めをかけ、根本的な問いに向き合う問いのデザイナー。

 

 

中尾氏中尾 祥子(なかお しょうこ)氏

なかお商会代表。
島根県生まれ。農林水産省、京都府出向を経て、退職しUターン。
極-KIWAMI-食べる通信 from 島根編集長。

 

 

山本氏山本 秀樹(やまもと ひでき)氏

Dream Project School代表。
情報技術を用いた未来の教育を探索。

 

 

【コーディネーター】

山下副知事山下 晃正(やました あきまさ)京都府副知事

昭和50年京都府入庁。
平成19年商工部長、平成23年企画理事(緊急経済対策・未来戦略担当)を経て平成25年より現職。

 

 

イベントチラシ

チラシイベントチラシ(クリックすると拡大表示されます)(PDF:528KB)

主催

京都府

お問い合わせ

政策企画部企画参事付

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4389

kikaku-nanbu@pref.kyoto.lg.jp