ここから本文です。

ワクチン・検査パッケージ制度及び対象者に対する全員検査について

今後、感染拡大を防止しながら、日常生活や社会経済活動を継続できるよう、令和3年11月19日の国の新型コロナウイルス感染症対策本部の決定により「ワクチン・検査パッケージ制度」が、令和4年1月7日の国の新型コロナウイルス感染症対策本部の決定により「対象者に対する全員検査」が開始されることとなりました。

ワクチン・検査パッケージ制度について(現在、適用していません)

「ワクチン・検査パッケージ制度」は、緊急事態措置やまん延防止等重点措置等の下において、ワクチン接種歴又は陰性の検査結果を確認することにより、感染リスクを低減させ、飲食やイベント、人の移動等の各分野における行動制限の緩和を可能とする制度です。

対象者に対する全員検査について

対象者に対する全員検査とは、緊急事態措置区域及びまん延防止等重点措置区域等における飲食・イベントの人数制限等について、対象者の陰性の検査結果を確認することにより、感染リスクを低減させ、緩和することができる制度です。

ワクチン・検査パッケージ制度及び対象者に対する全員検査適用による行動制限緩和の内容

現在、緊急事態措置区域及びまん延防止等重点措置区域等ではないため、緩和が適用される行動制限はありません。

関連リンク

要綱・事務連絡等

お問い合わせ

京都府新型コロナウイルスガイドライン等コールセンター
TEL:075-414-5907
平日9時から17時