ホーム > きょうと府民だより > きょうと府民だより2019年4月号 > 特集2 平成31年度 当初予算 新しい京都の未来への挑戦予算

ここから本文です。

特集2 平成31年度 当初予算 新しい京都の未来への挑戦予算

 

新しい京都の未来への挑戦予算

京都府知事 西脇 隆俊
京都府知事 西脇 隆俊

平成31年度 当初予算
8,897億8,700万円(平成30年度6月補正後予算額 8,702億円、102.2%)

平成30年度 2月補正予算
142億1,500万円(国補正予算関係)

※いずれも一般会計

平成31年度当初予算は、本年秋に策定予定の新総合計画を見据え、防災減災の国の補正予算も積極的に活用し、14カ月予算として編成しました。
前例にとらわれず、現場に赴き、府民の皆さんと連携・協力することで、待ったなしの課題に立ち向かい、新しい京都の未来への挑戦に踏み出す政策を5つの柱を軸に展開してまいります。

1.子育て環境日本一への挑戦

子どもの笑顔が社会の笑顔!

子育て環境日本一への挑戦

(1) 若者や企業の意識・行動変革【1億5,2000万円規模】

  • 「子育て企業サポートチーム」が企業を訪問し、支援制度や活用例を周知
  • 子育てに優しい職場を拡大(子育て企業サポート補助金を創設)
  • 「仕事と育児の両立体験プログラム」を拡充し、企業や学生の参加を促進
  • 小中学校と連携し、児童生徒と乳児がふれあう機会を創出など

(2) 安心して出産・子育てできる環境づくり【4億4,900万円規模】

  • 周産期医療体制を強化(府北部の産科医と小児科医の確保など)
  • 府内全域での相談支援体制を構築(府北・中部に発達障害の専門相談員を新たに配置)
  • 乳児がいる家庭への訪問活動を行う市町村を支援(地域の子育て経験者などで「赤ちゃん応援隊」を創設)など

(3) 子育て家庭の経済的負担の軽減【88億6,800万円規模】

  • 3歳から15歳の通院時の自己負担額の上限を月額3,000円から1,500円に半減
  • 府立医大病院で陽子線治療を受ける府民に自己負担額の一部を助成
  • 不妊治療に要する経費の一部の助成を拡充など

(4) 児童虐待・不登校・ひきこもり総合対策【6億9,600万円規模】

  • 虐待未然防止の保護者向け研修を実施(子育て世代包括支援センターの機能強化)
  • 不登校児童生徒を支援(市町村教育支援センターに臨床心理士らを配置)
  • 家庭教育に悩みなどを抱える家庭を支援(各地域に「家庭教育アドバイザー」を配置)など

(5) 教育環境の充実【27億9,700万円規模】

  • 企業や大学との連携により地元の即戦力となる人材を育成(府立工業高校など)
  • 電子黒板や指導用のタブレットなどを整備(府立高校および府立特別支援学校)
  • 井手町と連携協力し、特別支援学校を新設など

特別支援学校 完成予想図
特別支援学校 完成予想図

2.京都力を活かした文化・スポーツ・観光振興

いよいよ始まるゴールデンスポーツイヤーズ!

ゴールデンスポーツイヤーズ
2019 ラグビーワールドカップ2019日本大会
2020 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
2021 ワールドマスターズゲームズ2021関西

(1) 文化首都・京都の未来づくり【9億4,900万円規模】

  • 2020年度の第1回京都国際アートフェア(仮称)開催に向けた運営体制の構築と、美術品・工芸品の見本市開催
  • 宇治茶の世界遺産登録を目指した取り組みを展開
  • ICOM(国際博物館会議)京都大会2019の開催に合わせ京都の魅力発信など

(2) スタジアムを核としたスポーツ・地域振興【89億9,200万円規模】

  • 京都スタジアム本体の整備工事に加え、見学会など地域を盛り上げていく取り組みを展開
  • スタジアム周辺のにぎわいづくりや周遊を促進(VR・eスポーツの環境や足湯などを整備)
  • 東京2020大会とその後を見据え、アスリートの育成強化や指導者育成を支援など

建設中の京都スタジアム
建設中の京都スタジアム

スタジアムを核としたスポーツ・地域振興

(3) 観光総合戦略に基づく府域活性化【8億600万円規模】

  • 「文化観光」を切り口に、文化財や食文化、歴史(大河ドラマ)・スポーツ文化を活用した観光周遊を促進
  • 観光周遊のための交通手段の確保や宿泊施設の整備を推進
  • 海・森・お茶の京都DMOがそれぞれのエリアの魅力を生かし、観光誘客を促進など

3.京の産業の新展開

京都を「起業」のまちに!

京都府の開業率4.3%
全国平均5.0%

(1) 経済センターを核とした京都経済百年の計【3億9,900万円規模】

  • 京都経済センターを核に、創業から経営相談、人材育成などをワンストップで伴走支援
  • 人手不足に苦しむ府内企業の人材確保を支援(「京都人材確保・就労環境改善センター」を設置)など

経済センター

(2) 農林水産業の活力強化【4億6,900万円規模】

  • 農林水産業の担い手不足を補うため、AI、ICTなど先端技術を活用したスマート技術の実装を加速
  • 府内農林水産物の販路拡大を推進(海外におけるレストランフェアの開催など)など

農薬を散布するドローン
農薬を散布するドローン

(3) 消費税率引き上げを踏まえた中小企業など支援【40億4,700万円規模】

  • 10月に予定されている消費税率引き上げに備え、金融対策、経営改善支援、地域消費喚起対策を実施など

4.暮らしの安心・安全の向上

地域で支え合い、健やかな毎日を!

暮らしの安心・安全の向上

(1) 健康・長寿に向けた安心・安全【49億9,500万円規模】

  • 健康寿命の延伸を推進(データ分析に基づくライフステージ・地域別の対策や健康無関心層を対象とした対策)
  • 地域包括ケアを推進していく上で必要な医師や看護師など、専門人材の育成・確保など

(2) 安心・安全な暮らしを支える地域づくり【119億5,300万円規模】

  • 「赤ちゃん応援隊」など地域における子育て・見守りを支援(NPOなどの地域活動団体を資金・人材・運営ノウハウから支援)
  • 外国人の受け入れ環境の整備(多文化共生総合相談ワンストップセンターの設置や日本語教育の実態調査などを実施)など

(3) 災害の教訓を踏まえた安心・安全の確保【846億8,500万円規模】

  • 先進的な危機管理体制を構築(中小河川タイムラインの作成支援や地域防災の担い手となる「災害時声掛け隊」の養成など)
  • 平成30年発生災害で受けた被害からの復旧を加速(風倒木対策の強化など)
  • 防災・減災のための安全基盤整備など

5.未来を拓くまちづくり

10年後、20年後を見据えて!

【1億7,000万円規模】

  • 新名神高速道路の供用やアウトレットモール開設が予定される「木津川運動公園」周辺の整備方針を検討
  • 京都舞鶴港における国際ふ頭の物流機能強化などの実施など

大幅増加!
コンテナ取扱量 3.2倍!
平成22年 5,691TEU
平成30年(推計) 18,500TEU

クルーズ受入実績
平成27年 8回
平成31年 30回(予定)

京都舞鶴港国際ふ頭 完成予想図
京都舞鶴港国際ふ頭 完成予想図

未来を拓くまちづくり

 

本年秋に策定 新総合計画

京都の未来の夢を府民に提示し、その実現に向かって府民の総力を結集できるような「夢・実現型」・「未来志向型」の計画を策定

[お問い合わせ]
財政課
TEL:075-414-4411 FAX:075-441-7308

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?