ここから本文です。

京都スタジアムnews 連載vol.7

JR亀岡駅前に2020年オープン!!
防災機能を備えた京都スタジアム

 京都スタジアムでは、現在、屋根工事(本誌4月号にも掲載)が順調に進んでいます。まもなく梅雨、台風シーズンを迎える今号では、スタジアムの防災機能についてお伝えします。

4m盛土された造成地に建設

 京都スタジアムは桂川の改修工事や他の公共事業で発生した掘削土を利用し、高さ4mの盛土された造成地に建設しており、百年に一度の豪雨で発生する洪水でも浸水することはありません(図参照)。
京都スタジアム

防災備蓄倉庫と災害対応用設備の整備

 バックスタンド下1階の約800平方メートルのスペースに、トラックでの搬出入が可能な防災備蓄倉庫を整備(写真1参照)。1万人が1日に消費する量のアルファ化米や飲料水、毛布などの避難支援物資が保管できます。
写真1

 また、災害時に都市ガスの供給が停止しても温水シャワーの利用や屋内外での炊き出しができるよう、2,900kgのLPガスの貯蔵タンク(写真2参照)や、停電時でもトイレや全体の2分の1の室内照明、避難場所としての使用が想定される部屋の空調などが使える自家発電機を設置しています。
写真2

 これらの備えにより、防災活動の拠点機能を担うとともに、避難者や帰宅困難者の受け入れが可能な施設となっています。

次回は

最新の工事状況をお伝えします。

ふるさと納税制度を用いた個人寄附金を募集しています

詳しくはホームページでご確認ください

stadium_Qrcode

5万円以上の寄附でご芳名をスタジアムに掲出します

5万円以上の寄附でご芳名をスタジアムに掲出します

スポーツ振興
京都スタジアムは、スポーツ振興くじ助成金を受けて整備します

[お問い合わせ]

スポーツ施設整備課
TEL:075-414-4284 FAX:075-414-4285
メール:sposei@pref.kyoto.lg.jp
ホームページ

twitter(ツイッター)
ツイッター

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?