ホーム > きょうと府民だより > きょうと府民だより2019年8月号 > 特集2 子どものサインを見逃さないで

ここから本文です。

特集2 子どものサインを見逃さないで

8月は人権強調月間です

8月は人権強調月間です

今年は、「子どもの権利条約」※が採択されて30周年。
夏休み明けは、子どもの自死の危険が高まるとされ、これには、子どもの人権が深く関わっています。
彼らが発する「サイン」に気付き、大切な命を守りましょう。

※18歳未満の子どもの基本的人権を国際的に保障するため、1989年に国連で採択

子どもが示す気になるサイン (文部科学省の資料を参考に作成)

子どもの変化に気を配り、総合的に判断することが重要です

  • これまでに関心のあった事柄に対して興味を失う


  • 不安やイライラが増し、落ち着きがなくなる


  • 投げやりな態度が目立つ


  • 身だしなみを気にしなくなる


  • 不眠、食欲不振、体重減少などのさまざまな身体の不調を訴える


  • 自分より年下の子どもや動物を虐待する


  • 友人との交際をやめて、ひきこもりがちになる


  • 家出や放浪をする


  • 過度に危険な行為に及ぶ、実際に大けがをする


  • 自死にとらわれ、自死についての文章や絵を描いたりする


など

専門家VOICE 大人も子どもも、一人の人間。違う価値観を持つ「権利」があります。

 「話を聴いてもらえない」。18歳以下の電話相談『チャイルドライン』にもそんな子どもたちの声が多く寄せられます。相談できず悩みを抱え込むと、無意識の行動やサインとして表れ、時には不登校や自傷行為、自死に至ってしまいます。
 この「話を聴いてもらえない」ことは、実は意見を表す権利の侵害に当たります。大人の立場では、つい答えをせかし、アドバイスしようとしてしまいますが、「ありのままに話を聴く」、「待つ」という姿勢が子どもたちにはとても大切なんです。大人には長く感じる「待つ」時間ですが、測ってみると1分程度だったこともありました。
 子どもは自分で考える機会や、意見を尊重される経験によって、自分と他者の権利を認め主体的に考えられるようになります。この夏は、ゆっくりと子どもの様子を感じ、話にじっくりと耳を傾ける機会にしてみませんか。

子どもの話を聴くときに大切なのは「待つ」姿勢です

特定非営利活動法人 チャイルドライン京都理事長

特定非営利活動法人 チャイルドライン京都
理事長 外村(とのむら) まき さん

権利を守る取り組み

 いじめや虐待などは子どものさまざまな権利を侵害して、心身に大きな苦痛をもたらします。学校に行けなくなったり、仲間と行動できなくなったりしてしまうことは、「子どもの権利条約」の定める「育つ権利」や「参加する権利」を損ない、暴力は「守られる権利」を侵害し、自死に至ってしまうと「生きる権利」さえも奪われます。

「子どもの権利条約」4つの権利

  • 生きる権利
  • すべての子どもの命が守られること

  • 育つ権利
  • もって生まれた能力を十分に伸ばして成長できるよう、医療や教育、生活への支援などを受け、友達と遊んだりすること

  • 守られる権利
  • 暴力や搾取、有害な労働などから守られること

  • 参加する権利
  • 自由に意見を表したり、団体を作ったりできること

 府では、子どもの権利を守るために、多様な窓口を用意しています。子どもが自ら利用できる電話やSNSによる相談をはじめ、保護者への相談機会の提供も実施しています。

保護者・子ども・地域の方向けの窓口

じんくん

京都府総合教育センター

友人関係、心身の発達、学習や学校生活のこと、不登校、いじめ、家庭でのしつけなどの教育相談について対応しています。

京都府総合教育センター問い合わせ

日時 毎日24時間
TEL:075-612-3268・3301 0773-43-0390
ホームページ(外部リンク)
京都府総合教育センター

少年サポートセンター(京都府警察本部少年課)

少年の悩みや非行、犯罪被害などについて対応しています(少年相談と関連のない相談はお受けできません)。

少年サポートセンター(京都府警察本部少年課)問い合わせ

日時 毎日24時間
TEL:075-551-7500(ヤングテレホン)
ホームページ(外部リンク)
少年サポートセンター

子どもの人権110番

いじめ・体罰・不登校・児童虐待など子どもの人権に関わる問題全般について対応しています。

子どもの人権110番問い合わせ

日時 (月曜日)~(金曜日)8時30分~17時15分(祝日・年末年始を除く)
TEL:0120-007-110
京都市上京区荒神口通河原町東入ル上生洲町197 京都地方法務局人権擁護課内

ホームページ(外部リンク)
子どもの人権110番

その他の窓口

京都いのちの電話

日時 毎日24時間
TEL:075-864-4343

24時間子供SOSダイヤル(文部科学省)

日時 毎日24時間
TEL:0120-0-78310

虐待かもと思ったら、全国共通ダイヤル189(いちはやく)

日時 毎日24時間
TEL:189

子どものための窓口

じんくん2

チャイルドライン京都

18歳までの子どもがかける電話です。名前や連絡先や学校名は言わなくてもいいよ。

子どもLINE相談@京都2019アイコン

日時 (月曜日)~(土曜日)16時~21時
TEL:0120-99-7777

チャイルドライン京都

子どもLINE相談@京都2019

府内の公立中学校(京都市立を除く)、府立学校に通う生徒向けです。詳しくは夏休み明けに配られるカードを見てね。

子どもLINE相談@京都2019アイコン

日時 8月27日(火曜日)~9月9日(月曜日)など 17時~22時、受付は21時30分まで
ホームページ(外部リンク)

子どもLINE相談@京都2019

京都市立学校の児童・生徒向け

[お問い合わせ]
京都市教育委員会事務局指導部生徒指導課
TEL:075-213-5622

府内私立学校の児童・生徒向け

[お問い合わせ]
京都府私学修学支援相談センター
TEL:075-746-4946

このページに関する総合的なお問い合わせ

[お問い合わせ]
人権啓発推進室
TEL:075-414-4271 FAX:075-414-4268

次のページへ

問い合わせ・申し込み先

京都府 知事直轄組織 広報課
075-414-4074
075-414-4075
koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?