ここから本文です。

西脇知事と行き活きトーク

西脇知事

亀岡で車座トーク

 今年、ついに始動したサンガスタジアム by KYOCERA。スタジアムを府中北部へのゲートウェイとするためのプラン、スポーツ&ウェルネス構想の実現に向けた方策などについて地域活性化や観光、スポーツ、健康などの分野に携わる方々からの意見を伺い、これからのよりよいスタジアムのあり方について模索しました。

亀岡で車座トーク

亀岡で車座トーク

参加者の声

  • スタジアム周辺のにぎわいが、周遊観光の起点となるような仕組みづくりを目指したい
  • 健康やQOLの向上につながる滞在型の観光商品の開発が重要
  • 亀岡の魅力は人。食や芸術に関わる人を訪ねる動線づくりを進めていきたい
  • 地元ではスタジアム始動をきっかけに、まちづくりを考える機運が高まっている
  • 自然とのバランスが取れた誇れるスタジアムとして、子どもたちに残していきたい
  • スポーツ・健康、風景・自然、文化・芸術・歴史の魅力があふれるエリアの拠点に

にしわきメモ

周遊滞在型の観光につなげるアイデアがたくさん出て、スタジアムへの期待の大きさを感じました。中北部へのゲートウェイ機能を高め、府域全体の発展につなげていけるよう皆さんと一緒になって取り組みます。

気軽にもっとスポーツを楽しもう!

丹後で車座トーク

 2020年に創業300年を迎えた「丹後ちりめん」の里を訪問。丹後織物工業組合に集まった若手織物事業者らと、人材確保、技術継承、設備投資など現状の課題や、今後の丹後が目指す姿について意見を交わしました。

丹後で車座トーク

丹後で車座トーク

参加者の声

  • 300年培ってきた「職人の手仕事」を残しているのがわれわれの強み
  • 昔ながらの丹後ちりめんを作っているが、用途は和装に限らなくて良いと思っている
  • 業界に入りやすくするための支援も必要
  • 欧州での展示会に出展したが、本質的な美しさへの理解が深く評判が良い
  • 職人の高齢化が進んでいるので人材育成が課題

にしわきメモ

300年の伝統がある「丹後ちりめん」は、若手事業者らの努力により、世界へと発信されていました。府も、次の100年に向かう彼らの挑戦を後押ししたいと思います。

精練加工の現場を見学しました

舞鶴で車座トーク

 新分野に挑戦する海産物加工メーカー、他企業との共同開発を進める機械製作所、IT技術で全国に展開するアパレルショップ。試行錯誤を続け活躍する地元企業の経営者らと「舞鶴からのチャレンジ」をテーマにトークしました。

舞鶴で車座トーク

舞鶴で車座トーク

参加者の声

  • 次の顧客につながるものを模索し、地域の中で知恵を出し合っている
  • 舞鶴の特産品「かまぼこ」をもっと世の中に広めたい
  • 世界にいる「日本好き」の方にオリジナルブランドを売っていきたい

にしわきメモ

舞鶴のまちづくりの話でも盛り上がり、地元に愛着を持っておられることを実感しました。舞鶴の活性化に向け皆さんが「チャレンジ」できる環境を整えていきます。

to be continued・・・府民の方と直接お話しする「行き活きトーク」はまだまだ続きます。貴重なご意見をお聞かせください!

ホームページ

[お問い合わせ]
広報課
TEL:075-414-4071 FAX:075-414-4075

次のページへ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?