トップページ > 京都府関連最新ニュース > ◎制限緩和実験に参加意向=飲食店活用、緩み警戒も―京都知事 9月17日18時51分

ここから本文です。

◎制限緩和実験に参加意向=飲食店活用、緩み警戒も―京都知事 9月17日18時51分

京都府の西脇隆俊は17日午後の定例記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種などを条件とする行動制限緩和の実証実験について「国の実証にお役に立てるのであれば、ぜひとも協力したい」との考えを示した。府は会見後、国に参加する意向を伝えた。

西脇氏は「(京都は)食文化の先進的な地だ」とし、飲食店を活用した実証実験に意欲を示した。感染防止対策を講じた高級料亭などが念頭にあるとみられる。

一方で、西脇氏は制限緩和自体には「一定のめどを示すことは評価するが、緩みにつながるのは駄目だ」と指摘。感染状況などを踏まえて慎重に検討するよう改めて求めた。(了)

 

京都府関連最新ニューストップページ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp