トップページ > 京都府関連最新ニュース > ◎認証店、夜8時半まで酒提供可=府南部対象、10月21日まで―京都府 9月28日19時52分

ここから本文です。

◎認証店、夜8時半まで酒提供可=府南部対象、10月21日まで―京都府 9月28日19時52分

新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言解除決定を受け、京都府は28日の対策本部会議で、解除後の対応を決めた。京都市など府南部の計16市町村を対象に、府が定める感染防止対策の認証を受けた飲食店では午後9時までの営業とし、午後8時半まで酒類提供を認めることとした。

期間は10月1日から21日まで。非認証店では営業時間を午後8時まで、酒類提供を午後7時半までとし、認証店とは各1時間の差を設定した。府南部では認証の有無にかかわらず、酒類提供に当たってはマスクの着用やアクリル板設置などの感染防止対策を求める。

一方、府北部の店舗には時短営業は求めないものの、酒類を提供する場合は府南部と同様の対策を順守するよう要請。また、会議では府のコロナワクチン接種会場を舞鶴市と八幡市に計3カ所新たに設置することも報告された。

西脇隆俊知事は会議後の臨時記者会見で、「3週間の間、どういうような感染状況になるかは措置を講じながら慎重に見極めたい」と強調。「なるべく感染リスクを下げていくのが(第)6波への備えとして非常に重要だ」と述べた。(了)

 

京都府関連最新ニューストップページ

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp