ここから本文です。

平成25年度建築科トピック(前半)

25年度建築科トピック(後半)

10月 木造建屋の解体が終了、新しい木造建屋制作開始

今年度生による木造住宅(2階建)の制作が本格的にスタートしました。設計から積算、測量、部材の墨付け・加工、組立、造作施工に至るまで、訓練生主体で計画したものが、新しい建屋となってできあがる実習です。

初めは慣れない手つきで設計に取りかかっていましたが、指導を受けながら図面が完成し、部材の拾い出し作業を行いました。そして前年度の建屋の解体作業が進められ、無事終了しました。これから本格的な作業に入っていきます。安全を第一に、2階建ての建屋が無事完成することを願っています。

今年度の見どころは、入母屋造りの小屋組みと伝統的な継手・仕口を多く用いた接合部のようです。今から完成が楽しみです。2月末には完成予定ですので、是非建築科を見学にお越しください。

前年度建屋の解体の様子 今年度建屋の模型制作の様子

前年度建屋の解体の様子/今年度建屋の模型制作の様子

9月 社寺建築実習スタート

社寺建築の実習を開始しました。宮大工の伝統技能と技術を学びたい訓練生3名が、現役宮大工の清水棟梁から指導を受けます。まずは多くの専門用語や知識、技術を覚えるところから始めていますが、その眼差しからは必死に学ぼうとする姿勢がひしひしと伝わってきます。このモチベーションを持続したまま、全員の就職と修了を勝ち取ってほしいものです。

今年度の課題は、昨年度の一間社流造の社よりもスケールアップしたものが完成する予定です。進捗状況を含めて、今後にご期待ください。(昨年度制作した社は現在、実習場内に展示してあります。)

屋根の勾配の指導を受けている様子 原寸図から材料積算の様子

屋根の勾配の指導を受けている様子/原寸図から材料積算の様子

8月 若年者ものづくり競技大会参加

職業能力開発施設や工業高等学校などで技能を習得中の若年者(原則として20歳未満)がものづくり技能を競う「第8回若年者ものづくり競技大会」が岩手県で開催されました。本校建築科訓練生も「建築大工部門」に参加、今年で2年連続の挑戦となります。

課題は、実際の木造軸組構法の建物で用いられる小屋組の一部を5時間以内で製作するというものです。建築大工に関する伝統的技能の要素を盛り込んだ課題で、鉋や鑿、鋸等の使用や墨付け、加工組み立てに関する正確さや精度が求められます。今年度は課題の大幅な変更があり、難易度も上がりました。参加者38名の中、4月に入校したばかりの訓練生2名も頑張って課題に取り組み、制限時間内に仕上げる事ができました。

記念撮影 競技風景 競技風景

会場前で決意を新たに、記念撮影。競技中の訓練生の様子。真剣に課題に取り組む姿は頼もしいですね。

7月 若年者ものづくり競技大会への挑戦

昨年から出場している「若年者ものづくり競技大会」に今年も2名の訓練生が参加します。大会は8月初旬、今から力を入れて課題に取り組んでいます。今年は課題が大幅に変更され、難易度も上がりましたが、その事がやる気十分の2人の闘志に火をつけたようです。4月に入校して7月に参加、まだまだこれからの2人ですが、少しでも上位を目指しての成長を期待しています。

鉋訓練

6月 技能検定3級課題への取り組み開始

7月に実施される技能検定試験「建築大工3級 」の資格取得に向けて実習を開始しました。当初は図面を読むことすら難しい訓練生達でしたが、日々の訓練で徐々に実力をつけつつあります。試験当日は身につけた技能・技術を存分に発揮し、全員合格を目指します。規定の時間内に完成させるには、もう少し練習が必要ですが、全員が克服してくれるものと期待しています。

課題の組み立て作業 訓練風景

 課題の組み立て作業/真剣な眼差しで課題に取り組んでいる様子

5月17日(金曜) 野外訓練in奥谷組&清水寺

汗ばむほどの陽気の中、社寺建築会社への訪問と文化財の修復現場への見学に出かけました。

午前中は奥谷組を訪問。社寺建築に関する各種資料や原寸図、宮大工による手刻みの様子等、作業風景を含めて工場内の見学です。訓練生にとって見るもの全てが新鮮であり、作業の様子や置かれた資料、大径木の木材等を食い入る様に見つめていました!

野外訓練

午後からは、清水寺の改修工事現場の見学です。今回は、奥の院と阿弥陀堂を見学しました。普段入れない場所ということもあり、大変興味をもって見学に臨みました。構造部材が露わになった様子や職人の技、丸太足場などを間近で見ることができ、とても良い刺激を受ました。

清水寺見学 清水寺見学

このような機会を通して、本物の職人や技術者を目指して今後の訓練の励みとなればと思います!

お問い合わせ

商工労働観光部京都高等技術専門校

京都市伏見区竹田流池町121-3

ファックス:075-642-4452

kyokgs-k1@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?