ここから本文です。

25年度システム設計科 トピック

修了研究最終発表会

 3月4日(火曜)、2年生の「修了研究最終発表会」を実施しました。スタンプラリーをパソコンとICカードで実現した「ICスタンプラリー」や、スマートフォンでロボットを遠隔操作する「ロボットレーシング」、AR(拡張現実)を使ってCGと現実映像を合成した「AR記念撮影」など2年間の訓練の集大成を発表し、活発な議論が繰り広げられました。

 修了研究の各品は、3月9日(日曜)のテクノフェスティバルで体験していただけますので、是非システム設計科のブースにお越しください。

 ar sutanpu re-singu

 AR記念撮影                ICスタンプラリー             ロボットレーシング   

  

修了研究中間発表

 1月10日(金曜)、2年生の「修了研究中間発表」を実施しました。

 研究テーマは次のとおりです。

 ①システム設計科の訓練の一環として取り組んでいるETロボコンで使用するロボットの、自立走行向上のためのソフト 「Androidによるロボット遠隔操作」

 ②3月に開催するテクノフェスティバルで体験していただくために考えた 「子供向け脳トレゲーム」、「AR記念撮影」、「ICスタンプラリー」、「Kinectでかめはめ波」

 ③日常生活の中から考え出した 「月々の支払い管理アプリ~かねたろう~」、「フラットデザイン対応カレンダー」

  聴講者からの質問、指導員からの厳しい指摘や助言があり、発表者は緊張していましたが、今後の課題をクリアして修了発表ではすばらしいシステムができあがっていると期待しています。3月9日(日曜)のテクノフェスティバルで体験していただけるゲームがありますので、是非システム設計科のブースにお越しください。

中間発表の様子

 sisutyuukan1  sisutyuukann7

  

「ETロボコン2013関西地区大会」参加報告

  9月22日(日曜)、「ETロボコン2013関西地区大会デベロッパー部門」に出場しました。チーム名は「ぼちぼちがんばる」、名前とは裏腹にみんな闘志を燃やして出場し、結果、初参加ながら26チーム参加中、6位に入賞しました

それではどんな競技だったかご説明しましょう。この競技は「競技部門」と「モデル審査」の2部門の総合評価で順位が決まります。

「競技部門」は、INコースとOUTコースを走行しそのタイムを競います。各コースの前半のベーシック・ステージのタイムから後半の難所(シーソー等)をクリアしたことによるボーナスタイムを引いて最終タイムが決まります。

 前半のベーシック・ステージの完走率は60%で、この時点では5位。しかし、後半の難所を一つもクリアできず順位を9位に下げてしまいました。練習では100%クリアできていたのに残念です・・・・・

robo1   robi2

「モデル審査」は、設計書がきちんと書けているかをA~Dで評価されます。

 A3用紙のコンセプト・シートと設計書を提出しました。審査員からは、「勉強して記述したことが伝わる」、「モデルは正確」、「シンプルながらも確実で好感がもてる」とB評価をいただきました。ちなみにA評価のチームはありませんでした。

ということで、総合結果6位となりました。今年初挑戦で6位になれたのは嬉しいことです。26チーム中17チームが企業チームで、企業チームと対等に戦えたことが訓練生の自信になりました。来年は全国大会に出場できるよう、2位以上の入賞を目指して頑張ります。

robo4   robo3

順位発表の様子                        大会終了後、モデルの講評を受けている様子

 

9月~「ETロボコン2013関西地区大会」への挑戦

 いよいよシステム設計科2年生8名が「ETロボコン2013関西地区大会デベロッパー部門」に初参加します。これは「訓練生が前向きに取り組める訓練を」という、本校の「一科一品運動」の一環として取り組んでいるものです。

 関西地区大会は参加26チームの内、17が企業チーム、2が学校チーム、7が個人参加です。企業チームや何回も参加されているチームと比べて技術力は劣りますが、「時間はたっぷりある」という訓練生の特権を生かして、夏休みも開発を進めてきた結果、今では十分戦えるレベルまできています。大会は9月22日(日曜)と23日(月曜)の2日間です。初参加なので慣れない部分もありますが、チーム一丸となって頑張りますので、みなさん応援よろしくお願いします。

et1  参加者全員で写真撮影

ETロボコン2013公式サイト (外部リンク)

8月~若年者ものづくり競技大会参加~

職業能力開発施設や工業高等学校などで技能を習得中の若年者(原則として20歳未満)のものづくり技能を競う「第8回若年者ものづくり競技大会」が岩手県で開催され、本校システム設計科2年の訓練生2名が「ITネットワークシステム管理」の競技に初参加しました。

ITネットワークシステム管理とは、インターネットに接続された企業のサーバーシステムを設計・構築・運用管理する技術です。競技課題は、信頼性のあるICT・サーバーシステムを構築し、インターネットへの接続を含めた社内ネットワークを4時間で構築する事です。

この競技には20名の参加者があり、それぞれ緊張の中、全力を出し切った様子でした。もちろん、本校訓練生もアクシデントがありましたが、無事乗り越えて競技を終えることができました。残念ながら表彰には届きませんでしたが、競技に参加することで技術力の向上と、自信を持つことができました。

 sisu1

  sisu2  sisu3

 競技の様子。緊張の中、システム構築に取り組んでいます。

  

7月~ETロボコン2013関西地区大会への挑戦~

 9月末に開催されるETロボコン2013関西地区大会に初挑戦します。これは、規定の自立型ロボットで指定されたコースを走行するシステムを開発する競技です。コース上にシーソーがあり、その上を倒れずに進まなければならない等の難所があり、それらの攻略に苦戦しています。残り2か月ですが、チーム全員が一丸となって取り組んでおり、これからの成長が楽しみです。

 sisu71このロボットが走行します

sisu72コースを走行中

 

5月9日(木曜)~2年生の発表会~

  2年C言語応用の訓練で、3次元CGプログラミング(OpenGL)についての成果発表が行われました。ロボットのアニメーションや物理シミュレーションなどの課題発表です。3次元CGをコンピュータ上で表現するためには様々な数学的知識が必要です。

  発表会には1年生はもちろん、校長先生も同席して聴講しました。 2年生頑張りました。

システム05092

システム05093

3月 ~修了研究最終発表会~

前日まで悪戦苦闘して作り上げた修了研究の発表会が、3月8日に行われました。
12月中旬に中間発表を終えてから3ヶ月弱。
全力を出し切れましたか?

システム設計科修了研究発表会

発表者は、プレゼンと言うことで全員スーツ姿。なかなか格好良かったですよ。
緊張しながらも、ひとり10分の持ち時間いっぱい使って、発表を行いました。
2年間の集大成、結果はいかがでしたか?
今夜は、打ち上げだぁ~ですか?

一週間後には修了式です。
今後の活躍を期待しています。 

12月(2) ~C言語基礎 発表会(1年生)~

12月20日(木曜)2年生の修了研究の中間発表に引き続き、1年生の「C言語基礎の発表会」が行われました。

←視聴覚室にて

いつもの教室を離れ、視聴覚室で、ちょっと本格的なプレゼンの雰囲気。もっと緊張するかと思いきや、グループ(2~3人)での取り組みだったせいか、どの班も落ち着いた発表をしていました。

皆さん、パワーポイントを上手く使いこなしていましたね。
プレゼン能力は、就職にも役立ちます。しっかり磨いてくださいね!

今回は、同じ課題(「数値地図(標高)ファイルコンバータ」)を各々の班で取り組みました。
各班の発表後、それぞれの班の処理速度の比較が発表され、最後には、全員による「採点」という厳しい評価も。

現実は、厳しい!

お問い合わせ

商工労働観光部京都高等技術専門校

京都市伏見区竹田流池町121-3

ファックス:075-642-4452

kyokgs-k1@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?