ここから本文です。

27年度メカトロニクス科トピック(前半)

メカトロニクス科トピック(後半)

1年生 第27回全日本ロボット相撲大会 近畿大会出場

9月27日に全日本ロボット相撲大会の近畿大会に出場しました。
1年生は、勝つことよりも会場の雰囲気やロボット相撲の面白さを経験することを目的としています。全く経験がない中で、運よく勝ち上がったロボットもありましたが、ベスト16で敗退。

ただ、緊張しながらもロボット相撲の迫力や面白さ、負けたときの悔しさを実感できたようです。
この経験を来年活かそう!

ロボット相撲1 ロボット相撲2

 

2年生 11年連続全国大会出場!

残念ながら近畿大会ではベスト8までに全員が敗退してしまいましたが、2年生のK君が東海大会で4位に入賞し、全国大会出場記録をつないでくれました

全国大会は12月13日に両国国技館で開催されます。まずは初戦突破!

ロボット相撲3

全日本ロボット相撲大会ホームページ(外部リンク)

1年生 第2種電気工事士 筆記試験終了

6月7日に第2種電気工事士の筆記試験が全国で実施されました。

入校から2ヶ月、合格に向けて猛勉強した努力は報われたでしょうか。

試験会場(京都大学)
試験会場(京都大学)

次は7月25日の実技試験!
実技試験は、事前に公表される13問の中から1問が出題されます。
多少変更される場合もありますが、しっかり練習して13問すべてを頭と体で覚えることが合格への近道。試験まで残り2週間、練習あるのみ!!

制限時間は40分 ケーブル長さの算出ミスは命取り

だいぶ慣れてきましたが、まだまだ! 電線の輪作りは練習あるのみ

※第2種電気工事士(国家資格)は、筆記と実技の両方に合格しなければなりません。

2年生 相撲ロボットが動き始めました!

筐体設計や部品加工などハード面は一通り終わりました。
自作した部品やモータなどを組立て、自分で考えたプログラム通りにロボットを制御できるかどうか。
誰でも動くようにすることはできます。ただ、動くようになってからの調整が大変なのです

配線をつなぎ、いざ試走! 試行錯誤しながらプログラムを修正

2年生は、他の授業を受けているときも、通学中も、トイレの中でも夢の中でも何か良いアイデアはないかと四六時中考えているはずです。
どんな制御が良いか、どんな武器を付けるか・・・
今まで誰も考え付かなかった斬新なアイデアが出ることを期待しています(笑)

 ~1年生~ 第二種電気工事士への道

メカトロニクス科では、機械と電気の両方を勉強します。

6月に第二種電気工事士の筆記試験があるため、1学期は電気系の授業が中心となっています。

電気の知識は全くなかったという訓練生がほとんどですが、全員合格に向けて毎日頑張っています!

筆記試験に向けて猛勉強中 電子回路実習

※第二種電気工事士(国家資格)は、筆記と実技の両方に合格しなければなりません。(実技試験は7月)

~2年生~ 相撲ロボットの製作開始

2年生は、4月から9月にかけて一人一台の相撲ロボットを作ります。(もちろん他の授業もあります)

製図や機械加工、電子回路、プログラムなど、1年次に学んだすべての知識を活かしながら、ロボット製作を通じて応用力を身につけます。

9月の近畿大会で上位5位に入り、12月の全国大会(両国国技館)が目標ですが・・・

何より大切なのは、『ものづくりの楽しさと難しさを学ぶこと!』

分からないことや難題は、仲間と知恵を出し合って解決していきます。

自分で設計した部品を自分で加工 CADによる回路設計

全日本ロボット相撲大会ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ

商工労働観光部京都高等技術専門校

京都市伏見区竹田流池町121-3

ファックス:075-642-4452

kyokgs-k1@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?