ここから本文です。

入校案内

>>募集概要 >>選考試験に関するスケジュール >>試験内容
>>応募に必要な提出書類 >>必要経費 >>雇用保険の手当等

入校選考について

入校選考は学科試験、面接試験を同一日に京都高等技術専門校で行います。

入校までの流れ

フローチャート:入校選考の流れ

 令和3年度生京都高等技術専門校募集要項

令和3年度京都府立高等技術専門校訓練生募集要項(京都高等技術専門校)(PDF:1,092KB)

事前相談書(京都高等技術専門校)(PDF:98KB)

 募集訓練科および募集定員等

訓練科名 訓練
期間

応募資格

三次
募集定員

総定員
システム設計科

2年

高卒以上

10名程度

20名

メカトロニクス科

2年

5名程度

20名

機械加工システム科

2年

若干名

10名

住建築・リフォーム科

1年

高卒程度

5名程度

20名

プロダクトマネージメント科

1年

満18歳以上

10名程度

20名

注※二次、三次募集の募集定員は、定員充足状況により変更になる場合があります。

応募資格

高卒以上とは

  • 高等学校又は中等教育学校を卒業した者(令和3年3月卒業見込の者含む)
  • 特別支援学校(総合支援学校含む)高等部を卒業した者(令和3年3月卒業見込の者含む)
  • 高等学校卒業程度認定試験合格者

高卒程度とは

  • 高等学校卒業者と同等以上の技術習得能力を有すると認められる入校時に満18歳以上の者

満18歳以上とは

  • ものづくり企業人として必要な技能及びそれに関する知識を習得しようとする入校時に満18歳以上の者

注※「住建築・リフォーム科」の場合、二次又は三次募集は、中学校を令和3年3月卒業見込で入校時満15歳以上の方も可能。その場合、管轄の公共職業安定所で職業相談を受けてください。

併願について

複数の訓練科の応募を希望する場合は、第2志望の科を選択することができます。

 募集及び選考試験等の日程・試験内容

  募集期間 選考試験 合格発表

一次選考
(終了しました)

令和2年10月2日~10月19日

令和2年10月28日 令和2年11月5日

二次選考

(終了しました)

令和3年1月6日~1月19日 令和3年1月28日 令和3年2月5日

三次選考

令和3年3月19日~3月30日 令和3年4月2日 令和3年4月7日

令和3年度入校式

令和3年4月16日

 試験内容

学科試験(国語・数学)及び面接試験

なお、オープンキャンパスや個別説明等で本校に来ていただいた方には、学科試験の傾向問題を資料提供しています。(郵送での送付やハローワーク等での配付は一切行っておりません)

 応募手続における提出書類

訓練科名

提出書類

入校選考料

システム設計科

  1. 入校願書
  2. 返信用封筒1枚
  3. 高等学校等卒業を証明するもの

2,200円

(京都府収入証紙を

入校願書の所定欄に

貼付)

メカトロニクス科

機械加工システム科

住建築・リフォーム科

  1. 入校願書
  2. 返信用封筒1枚

プロダクトマネージメント科

  1. 入校願書
  2. 返信用封筒1枚

不要

(第2志望で他科を選択する場合、2,200円

必要)

※入校願書受付後は理由を問わず、入校選考料は返還しません。

収入証紙

京都府収入証紙は、校では販売していません。下記の売りさばき場所で購入してください。
※日本政府が発行している「収入印紙」ではありません。

京都府収入証紙売りさばき場所

京都府庁、各広域振興局、各府税事務所、自動車税管理事務所、各警察署 等

その他の売りさばき場所は下記のページにて確認いただけます。

収入証紙売りさばき場所のご案内

郵送での購入(要郵送料)を希望される場合、京都府庁生活協同組合

(TEL 075-414-0751)にお問い合わせください。

 授業料等必要経費

授業料等と実費負担金が必要です。

授業料・入校料

  • 授業料(年額)118,800円(3期に分けて納入)
  • 入校料5,650円

ただし、プロダクト・マネージメント科は不要です。
また、学資困難者、障害者手帳所持者、雇用保険・訓練手当受給者には、授業料の減免措置があります。
注※申請が必要であり、書面審査で決定します

 実費負担金

入校時及び進級時に個人所有の工具、教科書、作業服等の実費が必要です。

令和3年度入校生の場合(予定)

訓練科名

1年次

2年次

システム設計科

82,000円

-

メカトロニクス科

82,000円

9,000円

機械加工システム科

70,000円

-

住建築・リフォーム科

50,000円※

-

プロダクトマネージメント科

20,000円

-

注※個人道具・参考書を希望される方は、別途購入費用が必要です。

 雇用保険による手当等について

  • 雇用保険受給資格者、訓練手当受給対象者で、一定の要件を満たす方がハローワークの所長の「受講指示」を受けて入校された場合は、「基本手当」、「受講手当」、「通所手当」(自宅から訓練校までの交通費)が支給されます。
  • 求職者支援制度により、一定の要件を満たす方がハローワークの所長の「支援指示」を受けて入校された場合は、「職業訓練受講給付金」が支給されます。
    ※ともに、願書提出前に、住所地を管轄するハローワークでの訓練受講の相談が必要です。
  • 雇用保険や訓練手当を受給できない方で、一定の要件を満たす方がハローワーク所長のあっせんを受け手入校された場合は、「訓練・生活支援給付金が支給されます。

    ご自身が要件に該当するのかは、ハローワークでご相談ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部京都高等技術専門校

京都市伏見区竹田流池町121-3

ファックス:075-642-4452

kyokgs-k1@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?