トップページ > インフラ > 公共事業・一般 > 鴨川真発見記<127から132>

ここから本文です。

鴨川真発見記<127から132>

 

 

小学4年生の目で見た鴨川の課題解決(第132号)

「わたしたちの鴨川」を真発見

 

 鴨川真発見記第111号でご紹介しましたとおり、「わたしたちの鴨川」という学習課題を掲げ総合的な学習をされている「御所南小学校」へ出前講座でお手伝いをさせていただいたわけですが、その後2度同授業のサポート役として同校へお邪魔しました。

 回を重ねる毎に鴨川に対する児童達の問題意識や今後鴨川でどんな取組をすれば、もっと快適に鴨川を利用できるのかといった考えがまとまっていきました。

 

 そして、今回は児童達が話し合って導き出した鴨川に対する思いや課題解決の方針がまとまり、京都土木事務所へ発表にやって来てくれました。

 4年生の全生徒約200人が2クラスずつ3コマに分けて来所され、我々職員の代表にその内容を発表してくれました。

 

 

 皆さんの考えた鴨川をどうすれば良いかという事をグループ毎に前に出ての発表です。

 

 その内容は大人の「鴨川府民会議」でも課題として話合われている内容も多く含まれています。その内容をここでご紹介したいと思います。

 

 色んな課題に取り組んでくれていますので、いくつかの提案をまとめて整理してみました。同じような内容の提案も複数ありますが、皆さん一工夫されています。

 

ゴミの問題

 皆さん一番関心が高いのがゴミの問題のようです。ゴミを捨てないように啓発する看板の設置や、ごみ拾いのボランティア活動、そしてゴミを持ち帰ってもらうよう集団で声を掛けて回るという画期的な提案もありました。

 

 小学生の集団が、「ゴミは持ち帰りましょう」と声をかけながら、鴨川の高水敷を歩くわけです。ゴミを捨てようとしていた大人も、思わずゴミをしまうのではないでしょうか。「子供が見てるよ」と。

「ゴミを捨てないように」の啓発ポスターの作成を、小学生にお願いしてそれをゴミ箱に貼ってみるのも効果がありそうです。

<4年4組の様子>

kadai1

<ごみ拾いイベント開催>

kadai2   kadai3

kadai4 kadai5

kadai6 kadai7

kadai8

<ゴミを捨てない、自然を守る、禁煙啓発ポスター、看板、チラシ配布>

kadai9   kadai10

kadai11 kadai12

kadai13 kadai14

kadai15 

<ごみの持ち帰りの声かけ>

kadai16 

<花に囲まれたゴミ箱>      

kadai17

<花のふた付きゴミ箱を増やす>

kadai18 

 

魅力発信

 鴨川の魅力を発信する提案も数多くありました。鴨川の魅力を看板やパネルなどで展示して、鴨川の良さをPRするという提案です。鴨川で見ることが出来る動植物や風景、歴史など子供にも判りやすく展示するという内容の提案で、展示する写真も小学校などから募集するというのです。

 大人が、大人向けに作った展示物では、子供には楽しいと写らないようで、実際に既存展示物は少し難しかったようです。

 幅広い年齢層に受け入れられる展示内容が求められているのではないでしょうか。

<4年1組の様子>

kadai19

<鴨川の魅力を発信する展示>

kadai20   kadai21

kadai22 kadai23

 

<双眼鏡付き情報板>                                       <様々な形の情報板>

kadai24   kadai25

 

<鴨川魅力館>

kadai26

kadai27 kadai28

 ガイドブック「鴨川ガイドブック2015」を作成するとい提案も頂きました。鴨川の魅力をあらゆるジャンルで紹介するという内容です。真っ先に「鴨川真発見記」冊子版が頭に浮かんできました。作成される時には是非協力させていただきたいと思います。

<鴨川ガイドブック2015 楽しみです>

kadai29

自然環境

 ゴミを少なくする提案とセットになっているグループも多かったのが、自然環境を守る意味の内容です。生き物も住みやすい環境とするために、植栽や川の中の整備について提案を受けました。

 

<4年6組発表の様子>

kadai30

<自然を増やそう 生き物の住みやすい環境を作ろう>

kadai31   kadai32

<鴨川を良くするコンクール>   

kadai33

<中州の間を削る>

kadai34 

<竹の植木鉢に草花を植える>   

kadai35

<着物の形に花を植える>

kadai36 

 

 

 

<川底に土と岩石の層を作る>  

kadai37

<草を刈りすぎない>

kadai38 

<大きい中州を削り小さい中州を残す>

kadai39

飛び石

 児童達が学習で鴨川へ実際に行った時にも人気が高かったのが、「飛び石」です。この飛び石の新たなスタイルの提案も受けました。飛び石の更なる整備についても“鴨川の新しいアクションプラン”「千年の都・鴨川清流プラン」でも触れられています。今後の整備検討の参考にさせていただきます。※「千年の都・鴨川清流プラン」にリンク

 飛び石に似た効果を持つ施設として、高水敷の右岸左岸を繋ぐ人道橋の設置という提案もありました。

<4年4組発表の様子>

kadai40 

<新しいデザインの飛び石>

kadai41 

kadai42

<名所となる飛び石設置>

kadai43

<中州へ渡る飛び石>

kadai44 

<増水時には潜没する橋の設置>

kadai45

楽しめる施設設置

 大胆な発想が飛び出す「楽しめる施設」の設置です。鴨川の東西にトンネルを通して、トンネルの天井を透明にし、見上げると鴨川の様子を見る事が出来る様にする提案。鴨川の護岸付近に川の中を覗ける窓のような施設を設置して川の中の様子を見るという提案。と出来そうだけど、ハードルの多い提案です。

 さらに大胆に、鴨川の上にロープウエイを整備するという提案も飛び出しました。

 でも、これくらいの自由な発想が無いと新しいものは生まれて来ないのではないでしょうか。頭から「それはこういう悪い事につながるからダメ」という大人の硬い頭で否定するのは簡単ですが、そこからどうすれば実現するのか考えて見ても良いのではないでしょうか。

<4年2組発表の様子>

kadai46

<鴨川を横断する地下トンネル>

kadai47   kadai48

<鴨川の中を覗けるレンズ窓>

kadai49

<鴨川にロープウェイ>

kadai50 

<照明設備のリニューアル>

kadai51

 現実的な提案も

マスコットキャラクター

 “ゆる”キャラグランプリも開催され、各地のご当地ゆるキャラが現れている中、鴨川にも“ゆる”キャラを登場させて皆さんに親しんでもらおうという訳です。

 みんなでデザインしたゆるキャラには「かもっピー」と名付けられていますが、人気投票一位のデザインは「オオサンショウウオ」とのこと。着ぐるみ作りが少し大変そうですね。

 

 鴨川名物「鴨川焼き」を作るという提案もいただきました。

<ゆるキャライベント>     

kadai52

<鴨川焼き>

kadai53 

<ゆるキャラとごみ拾い>

kadai54kadai55

鴨川を楽しむ

 鴨川で何かをして楽しむという提案もいただきました。ウォークラリーを楽しみながら、鴨川の学習や環境への意識を高める提案や、茶道体験で日本の「おもてなし」を外国の方にも感じてもらう提案は鴨川で京都を感じてもらう提案です。東京五輪を控えて、昨年の流行語大賞にも輝いたキーワードが光ります。

<ウォークラリー>        

kadai56

<茶道体験>

kadai57 

<クイズラリー>       

kadai58

<鴨川歴史ツアー>

 kadai59

<鴨川自然ツアー>       

kadai60

<魚つかみ&食べるイベント>

kadai61 

<鴨川上流、下流ツアー>

 kadai62

遊具の設置

 遊具の設置を提案していただいたグループもありました。実は10年余り前までは、鴨川の公園にも一般的な児童公園に設置されている遊具が設置されていました。その遊具は再整備の際に撤去しましたが、新しい視点での遊具設置提案には耳を傾ける必要がありそうです。

<4年5組発表の様子>

kadai63

<遊具の設置>          

kadai64

<ピクニック広場>

kadai65 

<自然と遊具設置>

kadai66

 御所南小学校の4年生のみなさんとは、3年連続して「わたしたちの鴨川」の学習を御一緒させていただきました。

 

 今年度は、最後に京都土木事務所まで足を運んで、各グループからの提案をいただきました。大胆な発想あり、地道な提案ありとどれもとても参考になりました。

 

 ゴミの問題にしても、何の問題でもそこに「関心」が無ければ色んな思いは生まれてきません。小学4年生で学習した「わたしたちの鴨川」を大人になっても財産として「鴨川」を見守っていただきたいと思います。

 

 御所南小学校の皆さん、貴重な提案をありがとうございました。先生方も「この素晴らしい学習」をありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

平成26年1月29日 (京都土木事務所Y)

 

 

十年一昔(じゅうねんひとむかし)その変化は(第131号)

十年前の鴨川を思い出してみてください

 

 鴨川真発見記では、これまでに明治から平成とその間約100年余りの間に鴨川そのものや、周辺の様子の変化を何度か紹介させていただきました。

 今回は、今昔といっても最も近い昔を見てみたいと思います。「十年一昔(じゅうねんひとむかし)」という言葉があります。広辞苑を引くと「十年たてばもう昔である。十年を一区切りと見てその間には大きな変化があるものだということ。」とあります。

 ちょーど10年前位の先輩職員の残してくれた写真が整理して保存されていました。その写真を見ると私の知らない鴨川が写し出されています。鴨川に興味が無かった頃の姿は、私にとって未知の姿です。

 10年間毎日見ている風景が少しずつ変化していくと、今目の前にある風景が当たり前となって、10年前と比べて大きく違っていても違和感を感じません。例えば、10年前に転居して久しぶりに訪れると、記憶にある風景と自然に比較して「変わったものだ」と思います。

 その逆に、今の風景を記憶において昔の写真を見ると、これまた「変わったものだ」と思います。これって人間の加齢による変化を写真で見た時と同じではないでしょうか。

 一昔を4つ以上重ねた私も「随分変わったものだ」と思います。

 話が逸れましたが、早速その様子を見ていきたいと思います。

変化の着目その1「階段からスロープへ」です。

 車イスやベビーカー利用の方にも鴨川公園へスムーズにお越しいただけるように、階段をスロープへと改修してきました。

 以前は階段しか無かった場所にスロープを併設したり、スペースが取れない場合は階段をスロープに置き換えたりしてきています。10年前は階段、今はスロープという場所の写真が3箇所出てまいりました。

 荒神橋右岸上流側へと進入する進入路もその一つです。階段を取り壊して緩やかなスロープを設置しました。

<荒神橋西詰め 平成16年>                            <平成26年>

hitomukasi1 hitomukasi2

<階段入り口 平成16年>                           <平成26年>

hitomukasi3 hitomukasi4

<階段下北から 平成16年>                          <平成26年>

hitomukasi5  hitomukasi6

<階段下・東側から 平成16年>                     <平成26年>

hitomukasi7  hitomukasi8

平成18年スロープ工事

<荒神橋西詰めスロープ工事1>                     <平成26年>

hitomukasi9  hitomukasi10

<荒神橋西詰めスロープ工事2>                     <平成26年>

hitomukasi11  hitomukasi12

<荒神橋西詰めスロープ工事3>                      <平成26年>

hitomukasi13  hitomukasi14

 賀茂大橋右岸下流側に進入するのも階段のみでした。茂った低木に囲まれた狭い通路を通り高水敷へと進みました。

<賀茂大橋西詰め 平成16年>                      <平成26年>

hitomukasi15  hitomukasi16

<まずは階段を降ります 平成16年>               <平成26年>

hitomukasi17 hitomukasi18

<狭い通路 平成16年>                              <平成26年>

hitomukasi19  hitomukasi20

<更に高水敷との段差あり 平成16年>            <平成26年>

hitomukasi21  hitomukasi22

 

 北大路橋右岸下流側の進入路も階段ではありませんでしたが、がたがたとして車イスやベビーカーがスムーズに進入することが出来ませんでした。

<北大路橋西詰め交差点付近 平成16年>     <平成26年>

hitomukasi23  hitomukasi24

<同上下流を向く 平成16年>                        <平成26年>

hitomukasi25  hitomukasi26

<同上 下流から 平成16年>                       <平成26年>

hitomukasi27  hitomukasi28

<同上 平成16年>                                 <平成26年>

hitomukasi29  hitomukasi30

 

 

 

変化の着目点その2「高水敷の公園内施設の変化」です。

 

 スロープの整備と並行して、公園の再整備も進められ、その周辺の様子も一変しています。

 鴨川の公園としての整備に関しては賛否両論があることも確かです。高水敷にも昔ながらの自然を残すべきといった御意見や、バッタが少なくなって子供が虫取りを出来なくなってしまったといった声も少なからず聞こえてきます。

 反対に過ごしやすくなったという声もいただいております。虫も全くいなくなった訳ではありませんので、その場所を探す事を楽しんで頂ければ幸いです。

 そんな訳で先程の荒神橋の右岸の上下流の様子です。

 高水敷を覆っていたコンクリートを取り除き、土の広場にしました。何昔か前に流行っていたローラースケートを楽しむ場だったのでしょうか。ブームも去り利用されなくなったのかもしれません。

<リンク状のコンクリート施設 平成16年>           <平成26年>

hitomukasi31  hitomukasi32

hitomukasi33  hitomukasi34

 砂場も猫の糞などの衛生面から各地の公園で撤去されています。鴨川も例外ではなく撤去されています。その砂場に馬跳び用でしょうか、動物の遊具と大小のキノコの様な腰掛け?の様な遊具が設置されていました。

 今はというと、ツクシの頭?タケノコ?はたまた“まゆまろ”が生えてきたような大小の突起物が顔を覗かせています。これまで、このニョキニョキは何だろうと思っていましたが、その答えの糸口を掴んだ様な気がします。これ以上は皆様の御推測にお任せしますので、色々と想いを巡らせてみてください。

<ニョキニョキと生えるキノコの様に 砂場平成16年>    <平成26年>

hitomukasi35  hitomukasi36

 下流側も様変わりしています。この頃までは、鴨川公園には動物の置物とでもいうのでしょうか、そんな遊具をたくさん設置していましたが、今では全て取り除かれています。これが以前と比べると幾分か自然な感じがします。

<遠目には変わっていないようですが 平成16年>    <平成26年>

hitomukasi37  hitomukasi38

<イスとテーブル 平成16年>                           <平成26年>

hitomukasi39  hitomukasi40

<一面に茂る草 平成16年>                           <平成26年>

hitomukasi41  hitomukasi42

<こちらは「リス」 平成16年>                           <平成26年>       

hitomukasi43  hitomukasi44

 

 

 賀茂大橋の下流にも荒神橋同様に砂場があって、そこにも動物が設置されていました。こちらはカメ、ウサギ、カニです。このカニの型を使った飛び石が山科川に設置されています。

 

<黄色と白のカニ と ウサギとカメ 平成16年>    <平成26年>

hitomukasi45  hitomukasi46

<砂に埋もれるように 平成16年>                   <平成26年>

hitomukasi47  hitomukasi48

<ここにもニョキニョキが 平成16年>               <平成26年>

hitomukasi49  hitomukasi50

 

 

 そして、高水敷の写真の中で、これは何?とネット検索してもよく判らないものがありました。出雲橋右岸上流に設けられていたコートの看板です。そこには、「鴨川公園クリケットゴルフ場」という文字が刻まれています。

 

 “クリケット”はメジャーなスポーツですが、そこにゴルフが加わると謎です。

<はっきりと“クリケットゴルフ場” 平成16年>

hitomukasi51 

<コートのラインが引かれています 平成16年> <平成26年>

hitomukasi52  hitomukasi53

 

 ネット検索で唯一ヒットしたのが、京都市横大路にある「クリケットゴルフ場」です。そちらに問い合わせたところ、現在は貸出されていないとのことで、管理されている方もルールなどはよく知らないということでした。

 この時、判っている情報ということで教えて頂いたのは、ラケットでボールを打ち合う競技で、京都発祥のスポーツということ、ただし「テニポン」ではないとのことです。

 10年前には、テニポンのコートとして使用されていたと思われる写真も出てきました。

<これはテニポンに転用?平成16年>               <平成26年>

hitomukasi54  hitomukasi55

 

 出雲路橋下流も、閉鎖的に植樹されていた低木が取り払われて、広い空間に築山が設けられ、快適な憩いの場となっています。

<造園風の植栽 平成16年>                         <平成26年>

hitomukasi56  hitomukasi57

<手入れが難しそうです 平成16年>       <平成26年>

hitomukasi58  hitomukasi59

<かくれんぼには良いかも 平成16年>      <平成26年>

hitomukasi62  hitomukasi63

 

 皆さんがこの変化を御覧になって、どの様にお感じになるかは人それぞれ異なることと思います。行政もその時代の要請に応じて、これが総じて良いと判断して整備を進めてきました。今も論じられている鴨川のあるべき姿は、その時代に併せて変化するものであり、現在のわたしたちが、未来永劫の姿を論じる課題では無いのかもしれません。

 平成27年1月27日 (京都土木事務所Y)

 

カメの飛び石がこんなところにも(第130号)

京都を飛び出し親しまれています

 

 年が明けて2回目の日曜日、朝刊に添えられた日曜版の一面に寝ぼけ眼で目をやると、「流れる川に飛び石」それを渡る野球少年の姿が目に入りました。

 

 

 「鴨川の飛び石、どこかな?」と思い、「高野川?」否、「出町?」否、「荒神?」否と順次否定していくと、「鴨川では無い!」ことに気が付きました。

 

 

 

 そこに記されていた場所は、広島県海田町を流れる「瀬野川」海田町であることが分かりました。

 

 

 

 早速、広島県の河川課へ問い合わせたところ、海田町の河川環境整備の一環として設置されたことが判りました。海田町の建設建設課の方をご紹介頂いてお話を伺いました。

 

 

 

 当時を知る職員の方に確認いただくと、設置を請け負った企業が判明し、そこの企業の現場実績としてHPに「鴨川」「瀬野川」の飛び石が紹介されているとの情報を得ました。

 

 

 

 HPを覗いてみますと、H3年完成の鴨川のカメの飛び石と、H5年の瀬野川の飛び石が紹介されていました。時期こそ少々ずれていますが、どうやら同じ型から生まれた兄弟ガメのようです。

 

 

 海田町の広報の方に御無理をお願いして、瀬野川のカメの飛び石の写真を送ってもらうことが出来ました。

 

 海田町には、「カメ」と並んで「カニ」の飛び石も設置されています。色んな飛び石があります。

 「瀬野川」でも「鴨川」と同様に飛び石は地域住民の方に大変親しまれていることを確認しました。私も是非一度この地に立ってみたいと思います。

 

 

 

<海田町(瀬野川)の飛び石>

kame1(画像提供:広島県海田町)

<確かに鴨川のカメの飛び石と同じ形です>

kame2(画像提供:広島県海田町)

<カニの形の飛び石もあります>

kame3(画像提供:広島県海田町)

 

<サクラを眺めながら「憩いの場」海田町>

kame4(画像提供:広島県海田町)

kame5(画像提供:広島県海田町)

 

 鴨川で飛び石に親しむ皆さんの様子は、鴨川真発見記の中でも数多くご紹介しておりますので、このカメの飛び石が設置された20年程前の様子をご紹介します。

 当時のファッションと一緒に、今も変わらぬ飛び石利用の状況を御覧頂きたいと思います。

 

 「鴨川」「高野川」でカメの飛び石が設置されているのは、高野川の高野橋下流、「鴨川」と「高野川」が合流する賀茂大橋上流、そして荒神橋上流の3箇所です。

 飛び石が設置された当時から、子供達の水遊びの場として、涼を取る涼みの場として、また川を渡る橋代わりとして多くの人に親しまれている様子が見て取れます。

高野川のカメ

 

 川底に設置したブロックの上に設置された飛び石は、設置当初は堆積土砂も少なく、こんなに飛び出していました。

<高野川の飛び石>

kame6 

出町のカメ

 

 賀茂大橋上流の鴨川、高野川合流点の飛び石は、カメに混じってチドリの形の飛び石も設置されています。飛び石が設置されている場所の中で、一番賑わうのがこのスポットです。当時から賑わっていたようです。

<出町の飛び石>

kame7 

kame8

荒神口のカメ

 

 荒神口で亀石の設置工事をした時の写真があります。コンクリート枠の構造物を並べて、その中に砕いた石を詰め、その上に飛び石のブロックを並べていきます。飛び石の下はこうなっていたのですね。

<飛び石設置工事 荒神橋上流>

kame9

 

 暑い夏の一日、パンツ一枚で飛び石を飛び回りながらの水遊びの光景も残されています。躍動感ある子供達の動きと、白いしぶきを上げる川の流れが真夏の鴨川の臨場感を感じさせてくれます。

 でも、川にはいろんな危険もあります。必ず保護者の皆さんと一緒にお越しくださいますようお願いいたします。

<全身を使って大きくジャンプ>

kame10 

<仲良く水遊び>

kame11

<お父さんも一緒です>

kame12

<カメにまたがって 浦島太郎の気分かな>

kame13

<ええい、脱いじゃえ>

kame14

 子供達の大胆な水遊びだけでなく、大人達も飛び石周辺で足を川の中に浸して涼を楽しんでおられます。今も昔も変わりない光景が広がっています。

<カメもこの頃はまだ白いです>

kame15

kame24 

<買い物帰りの方の姿も>

kame16 

kame17

kame18

 飛び石では、カメの背中に座って話し込む人の姿や、ひたすら飛び石を飛ぶ事を楽しむ人も見られます。この様子も今と変わらぬ光景です。

 鴨川で楽しむ人々の様子は変わりませんが、写真を見て変わったと感じる点はありませんか。川端通り沿いの樹木の様子です。

 この頃は植樹されて間が無く、樹木の背丈は低く幹も細かったので、通り沿いのまち並みが見渡せています。

 

<カメの飛び石の上で語らい>

kame19

kame20

<ジャンプするのが楽しくて>

kame21

kame22

<川端通りの東側のまち並み>

kame23 

 20年前の様子いかがでしたか?

 

 今、鴨川の整備に関する新しいアクションプラン「千年の都・鴨川清流プラン」では、鴨川に新たな飛び石を設置することが検討されています。今後新たな形の飛び石がお目見えするのでしょうか。皆様乞うご期待ください。 

 平成26年1月23日 (京都土木事務所Y)

 

 

鴨川で雪遊び(第129号)

まれに見る雪と大人も子供も笑顔でふれあい

 

 京都市内の市街地に雪が積もる事は、近年数える程しかありません。そんな中、1月19日の日曜日に少々多めに舞い降りました。

 朝起きると北大路近辺は一面真っ白の雪国へと化しています。早速鴨川や高野川の様子を見に出かけてみました。

 高野川の高野橋の上では、雪の降らない国の方でしょうか、足を止めて少々興奮気味に見慣れぬ雪景色にカメラを向けておられます。

<高野川 高野橋から上流を望む>

daruma1

<高野川 高野橋から下流を望む>

daruma2 

 日曜日とあって、学校やお勤めが休みの方も多く防寒具を装備して多くの方が高水敷へと足を運んでおられます。

 

<幼い子供の手を引いて>

daruma3 

 少々多めに積もった雪を踏みしめる度に、「グググッ」という新雪の音が、足の裏を伝って響いてきます。雪国さながらの感触が心地良いです。

 雪を見ると連想するのは、やはり雪だるまです。この日は、溶け行く雪を少しでも集めて個性的な雪だるまが勢揃いしています。

<耳の付いた雪だるま>

daruma4

<高野川の飛び石>

daruma5 

 少し日が差してきました。近所に住む姉妹でしょうか。仲良く雪を集めて雪だるまの制作中です。

<雪だるまの共同制作>

daruma6

 

 

 鴨川と高野川の合流点では、たこ揚げを楽しむ親子の姿が見られます。中には手作りのタコをあげておられる方も見受けられます。鴨川を渡る風を受けて舞い上がる「タコ」に大人も子供も大喜びです。

 

 「あがった、あがった」と喜ぶお父さんに娘さんから一言。「お父さんが一番楽しんでるやん。」 童心に帰ったお父さんでした。

<個性的な手作り凧>

daruma7

<風をつかまえた>

daruma8 

 比較的上流付近では、小さな雪だるまが目立っています。飛び石の上に置いてあった雪だるまは手だけが付けてあるのかと思っていましたが、反対側に回ると少し悲しげな表情のお顔がありました。

<手だけ?>

daruma9

<少し悲しげかな>

daruma11

<雪だるまを倒さないように飛び石を通行>

daruma25

<雪を見ると触りたくなりますね>

daruma10

<雪だるまを作るには充分な雪です>

daruma12

<帽子はカップで型どり>

daruma13 

<荒神水位計 守り神?>

daruma14

<手が多い 千手観音?>

daruma15

 ベビーカーを押して仲良く鴨川へとお越しのご家族連れに会いました。ご近所にお住まいとの事。お母さんが、雪玉を作ってお子さんに優しく放ります。お子さんも負けじと雪を手に取ります。

 

 “ケタケタ”と笑いながら走り回るお子さんの「お母さん、雪合戦ってホントに楽しいね」の言葉が、鴨川で雪合戦の記憶として、ご家族の心に残ることでしょう。

<ご近所のファミリー>

daruma16 

<ほら行くよ>

daruma17

<お父さんも参戦>

daruma18 

 下流へ進むと、小さな雪だるまに混じって、若者が作る大きな雪だるま、そしてスコップを持ちだして更に大きな雪だるまもお目見えです。

<トレーニングの合間に>

daruma19 

<三段重ねの雪だるま>

daruma20

<少しぽっちゃりの“ゆきうさぎ”>

daruma21

<ひたすら雪を集めます>

daruma22

<僕の背丈と同じくらい>

daruma23

<お父さん頑張りました>

daruma24

 今季は、雪遊びが出来る程の降雪があと何回あるか判りませんが、元気に雪と戯れるお子様の声が響く鴨川も楽しい遊び場の一つなのではないでしょうか。

 お風邪を召しませんよう、暖かくしてお出かけください。

 平成26年1月20日 (京都土木事務所Y)

 

 

琵琶湖からも鴨川へと水が来ています(第128号)

疏水が合流する鴨川・高野川 “疏水真発見記”

 

 今回は“琵琶湖疏水”のお話です。

 “琵琶湖疏水”は、明治時代のはじめに京都府によって計画され、第1疏水の建設(蹴上から分岐する疏水分線を含めて1890年・明治23年完成)をかわきりに、その後第2疏水の建設(1912年・明治45年完成)などを経て現在に至っている水路です。

 

 鴨川、高野川、白川の流れにも滋賀県の琵琶湖の水を注ぐのが、京都市民ならずとも御存知の“琵琶湖疏水”です。疏水が、鴨川水系のこうした河川にどこから絡み合うのか少し調べてみました。岡崎にある「琵琶湖疏水記念館」で館長さんにもお話をお伺いして今回の記事にまとめました。

 

 最初に疏水が造られた経緯をさらりと説明させていただきます。明治維新によって天皇が東京へ移られ、元気を失った京都を復活させるためと言うのがキッカケです。

疏水を通じて滋賀県との物資のやり取りを盛んにし、運ばれた水で発電し新しい産業を興そうということでした。さらには、田畑の灌漑です。

 蹴上で発電した電気を活用して、日本初の路面電車がここ京都で走り始めました。

 

 この疏水、第1と第2の2つの水路が設けられています。それぞれ京都市の蹴上へと運ばれて合わさった水は、最初に白川と合流します。混じり合った水は一旦真っ直ぐ西へ向かいます。そして白川と分流したあと北上し、京都会館の北西側で再度西に向きを変えそのまま真っ直ぐ鴨川へと向かいます。

<第一第二疏水合流点 疏水記念館パンフレットより>

sosui1

<インクラインの横の水路を勢いよく流れ落ちる>

sosui2

<白川との合流地点>

sosui3

<ここで一旦土砂は沈殿しています>

sosui4

<動物園の「キリン」「フラミンゴ」を横目に>

sosui5

<平安神宮へと向かう朱塗りの橋を通過>

sosui6

<平安神宮の大鳥居>

sosui7

<通過後、南側の白川に分流>

sosui8

<ここから白川へ>

sosui9

<しばらくすると進路を北へ>

sosui10

<京都会館の西側を北上>

sosui11 

 とここで、野鳥の姿です。今シーズンは鴨川に姿を見せないと思っていた「キンクロハジロ」が、個人的には初お目見えの「ホシハジロ」と一緒に群れています。潜水する鴨が疏水で群れているのでした。

<中央「ホシハジロ」その他「キンクロハジロ」>

sosui12 

<ついつい野鳥に目が行ってしまいます>

sosui13

<キンクロハジロの団体です>

sosui14

<突き当たりを西へ方向転換>

sosui15

<ここから西へ真っ直ぐ鴨川へ>

sosui16

<夷川船溜>

sosui17 

 鴨川真発見記的には、鴨川オンリーの素人野鳥観察を貫いてきましたが、目の前に初お目見えの野鳥が2種類も出てきては、紹介せずにはいられません。

 こちらも鴨川では見た事の無かった、「オオバン」の登場です。体は真っ黒で、くちばしと額だけが真っ白な一見“ダダ星人”(わかるかな?)の様な風貌です。

<オオバン 潜ります>

sosui18

<自然のデザインも色々です>

sosui19 

 話がそれましたが、発電所前に何やら見慣れた形の石柱があります。三条大橋に橋脚の石柱に似ていますが、詳しいことは定かではありません。

 

<旧三条大橋の石柱だそうです>

sosui20 

<発電所を通過して更に西進>

sosui21

 鴨川の手前までやって来ました。水路が2本並んで走っていますが、南側の水路だけに水が流れています。どうやら発電施設を通った水が流れているようです。もう一方は増水時に鴨川へ放流する水路で、普段は水が流れていないようです。

<鴨川へ向けて西進>

sosui22 

<京都市上下水道局疏水事務所、関西電力夷川発電所の入口から>

sosui23

<空の水路が続いています>

sosui24 

<疏水は鴨川へと向かいます>

sosui25 

 冷泉橋という鴨川の左岸に南北に架かる橋の下をくぐって鴨川への放流口が開いています。普段は川端通の西側の開渠を御池通りまで流れ、その後地下に埋設された暗渠の中を南下しますが、水量の多い時には勢いよく鴨川へと注ぎます。

 増水時には、この樋門と、少し下流の越流堰からも鴨川へ放流されます。ともあれ、増水時や発電時にはここが一番近くの鴨川との合流点となります。

<鴨川左岸に架かる冷泉橋>

sosui26

<右岸から 通常の様子>

sosui27

<右岸から 増水時の水位調整>

sosui28

<樋門にブロックされて南下>

sosui29

<増水時に疏水から水が放流される大きな越流堰>

sosui30

 もう一度蹴上付近へ戻って見ていきます。蹴上船溜下流から疏水は分水して北上していきます(疏水分線という)。鴨川が北から南へと下るのに対して、疏水分線は有名な水路閣を通って北へと向かいます。京都市の北が高く南が低い平均勾配1/200という地形の先入観が「何で高い所へ水が流れるのか」。妙な錯覚を感じさせます。

<疏水記念館パンフレットより 水路閣 >

sosui31

 

 鴨川の流れもそうですが、普段イメージするのは京都盆地の真ん中を南北に切った断面の様子であり、一方の疏水分線の流れは東西に切った断面では東山が西より高くなっている地形を利用したものなのです。

 哲学の道に沿って北上した疏水は、銀閣寺の横を通り今出川通りを西へ向かいます。この時南下する白川と西進する疏水分線が立体交差します。

<哲学の道 下流から上流>

sosui32

<哲学の道 上流から下流>

sosui33

<ゲンジボタルの生息地を示す案内板>

sosui34

<銀閣寺の西で西へ進行方向を変えます>

sosui35

<白川との合流に向かって>

sosui36

<白川と出会う>

sosui37

<水路管へ引き込まれる疏水分線>

sosui38

<白川と立体交差>

sosui39 

 今出川通り沿いに数百メートル西へ流れた後、再び北上していきます。北大路通りを潜り北西に進路を変更して高野の住宅街を抜けて高野川へと向かいます。高野川を“逆サイフォン”して松ヶ崎へと進み、西へ西へと進みます。そして鴨川を越えて小川へと注ぎます。

<北大路通りを通過>

sosui40

<この先暗渠となって高野川へ>

sosui41

<高野川を逆サイフォン>

sosui42 

 ここでサイフォンについてネットで調べましたのでご紹介します。

サイフォンとは

 ある液体を途中にある高い地点を越えて目的地に運ぶ時、液体の初期の地点から目的地まで管を引き、何らかの作用によっていったん液体を管の中に満たせば、それ以上のエネルギーを与えることなく、液体は初期の地点から目的地まで移動し続ける。

sosui43

逆サイフォン(伏せ越)とは

 サイフォンを逆さにしたものです。水の流れが目に見える開水路(かいすいろ)がつながっていなくても、ある程度の水位差をもたせることで、入口からは水が吸い込まれるように入っていき、出口からは吹き上がるように水が出てきます。

sosui44 

 

 と、これが建設当初からの流れなのです。そして今でもその流れのままという思い込みをしていました。しかし、現状は少し違っているようです。まず、高野川を逆サイフォンしていた疏水は、現在では高野川を横断せず、水は全て高野川に落ちています。

<写真右側の放流口から疏水分線が流れています>

sosui45

<近くで見るとこんな感じ>

sosui46

 従って、高野川右岸の松ケ崎浄水場付近から流れる水は、疏水の水でも高野川の水でもありません。

 松ケ崎浄水場から流れ出る僅かな水から始まり、高野川の山端橋右岸下流から取水する「泉川」から引かれる農業用水の余水を受入れながら鴨川へと向かいます。

<今では疏水から分断された区間>

sosui47

<松ケ崎浄水場>

sosui48

<新たな流れがここから>

sosui49

<松ケ崎浄水場から>

sosui50

<泉川の余水も集まって>

sosui51 

 泉川と疏水分線が交わる場所に来ました。平面交差ということで、どんな事になっているのか覗いてみました。泉川の水が疏水分線(下流)と泉川本線に2分され、疏水分線の水は全て上流からの泉川本線に流れるように導水されています。

 ここで、疏水分線の水はすっかり泉川の水に置き換えられているのでした。

<写真上から泉川 流れの中程に導水の仕切り>

sosui52

<南下した泉川と疏水が合流して泉川へ>

sosui53

<泉川の残りの水は疏水分線へ 西進>

sosui54

<北大路通手前で暗渠に>

sosui55

<その先鴨川(賀茂川)まで暗渠>

sosui56 

 

 そして、鴨川(賀茂川)に達したその水はというと、以前は鴨川へ全て合流していましたが、その一部は鴨川を逆サイフォンして加茂街道の紫明へ向かいます。鴨川へと落ちる水は、結果として高野川から引かれた泉川の水ということで、高野川の水が鴨川と合流する最短ルートということになります。

 鴨川の水と高野川の水が出会うのは、出町よりも先にこの疏水の水が注ぎ込む北大路橋下流の放水口ということになるのです。

<疏水分線の鴨川放流口>

sosui57

<暗渠から流れ出る水>

sosui58

 疏水は、京都市の上下水道局の管理なのですが、この区間は同市の建設局左京土木事務所の管理となっているそうです。つまりは、事実上疏水分線ではなくなっているのです。

 

 先程鴨川を逆サイフォンした水はというと、流れを復活させた堀川の水再生に使われています。平成21年3月から堀川水辺環境整備事業により再び鴨川を越えた水は紫明通りで汲み上げているそうです。また、一部区間では火災や災害に備えて貯水もされているそうです。

 堀川の元々の水源はというと鴨川からの水だったのが、疏水分線の整備を機に琵琶湖からの水が加わり、その後鴨川の改修により水源が途絶えていたということです。

 ちなみに、疏水分線完成時には鴨川の川底に木樋という木製の管を通して横断していたものが、のちにコンクリート製となりました。前述の鴨川改修により堀川の水源は完全に雨水のみとなっていました。

<整備されたせせらぎ公園>

sosui59

<汲み上げ施設>

sosui60

<せせらぎの起点>

sosui61

<せせらぎが流れていきます>

sosui62

 さらに、その疏水分線を流れる水が浄化されて京都市民の飲み水として供給されていると思い込んでいた私にもたらされた「小さな驚き」がありました。

 それぞれの浄水場へと運ばれる疏水の水は、この分線ではなく、地下に埋設された導水管や導水トンネルといった別の手段で運ばれているのです。

 生まれも育ちも京都の京都人と呼ばれる方や、京都市の関係者の方にはごく当たり前の事かと思いますが、生まれも育ちも京都府の北部の私にとって、京都市の水道は琵琶湖から流れてくる疏水の水と聞かされて、疏水分線の水を飲んでいると思い込んでおりました。

<琵琶湖疏水記念館パンフレットより 琵琶湖疏水略図>

sosui63 

 現在、疏水分線の周りには哲学の道をはじめとする桜の名所が数多くあります。また、高野川と鴨川(賀茂川)に挟まれた区間には、桜はもちろんのこと、初夏にホタルが飛び交うスポットとなっています。

 田園地帯の広がっていた、京都市街地の北部にも住宅が建ち並び、農業用水の利用も大幅に減少し、疏水に流れる水は、人々の憩いと景観への配慮としてその流れは保存されています。古都京都にうるおいをもたらす疏水の流れを保存する京都市の配慮に頭が下がります。

 

 この記事を書いている途中で、京都新聞にタイムリーな記事が掲載されていました。昭和26年に休止した琵琶湖疏水の舟運を、観光ルートとして復活させる検討が始まったとのこと。実現したあかつきには是非乗船してみたいものです。その見出しが「疏水船復活へ船出 観光活用へ検討チーム」というものでした。

 

 何事も興味を持って見ないとわからないものだと再認識しました。鴨川真発見記のネタを追いかけた結果、思いがけず“疏水真発見”となりました。

  平成25年12月26日 (京都土木事務所Y)

【追伸】

 今回の記事を作成するに当たり、「琵琶湖疏水」を管理されている京都市上下水道局並びに河川を管理されている京都市建設局の皆様にご協力いただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

「親切できめ細かな対応ありがとうございました」

 

 

 

鴨川の冬といえば(第127号)

雪化粧とユリカモメ

 

 アメリカでは、ナイヤガラの滝の一部が凍り付く寒波に見舞われ、日本の東北地方では大雪で覆われている2014年の冬ですが、今季初めての鴨川雪景色が披露されました。

 1月10日金曜日、朝目覚めると周辺の屋根に雪が積もっています。「今季初の鴨川雪化粧を逃す訳にはいかない」と高野川、鴨川へと向かいました。

 高野橋から上流を望むと、「法」の字の周りが白く浮かび上がっています。比叡山も雪を被って白くお化粧をしているようです。下流側も白く雪化粧です。

<法の山にも>

1-10yuki1

<法の山>

1-10yuki2 

<比叡山にも白く雪が被っています>

1-10yuki3

<下流も白く>

1-10yuki4

 賀茂大橋から上流を望むと、白く雪を被った高水敷、北山も葉の替わりに雪をまとっています。その境目も判らない位に白い雲が重なり、その上空には透き通るような青い空が広がっています。まさに快晴の雪景色とはこういう景色でしょう。

<鴨川側>

1-10yuki5

<合流点>

1-10yuki6

<高野川側>

1-10yuki7

<賀茂大橋から上流 つなぎ合わせると>

1-10yuki8

 葵橋から上流へ向かうと、芝地は真っ白に雪に覆われて、足跡の無いところに、足跡を付けて振り返る人も見受けられます。雪の朝も走る人は欠かさず走っておられます。足元にお気を付けください。この日は、歩行者も自転車も転ぶ方が続出していました。

<足元には気を付けて>

1-10yuki9 

 鴨川を代表する風景の一つ「出雲路橋から上流を望む」風景です。新緑から紅葉へと変化しますが、この雪化粧だけは樹木自身の変化では達成できません。これまた自然の降雪の力を借りて、冬の風情を描き出しています。

<出雲路橋上流 西>

1-10yuki10

<出雲路橋上流 中>

1-10yuki11

<出雲路橋上流 東>

1-10yuki12

 中州では、トビも寒さをやり過ごすという感じです。

<トビ>

1-10yuki13

 北大路橋までやってきました。ここまで来ると、北山が目前に迫ってきます。出雲路橋では見えていた青い空の部分が見えなくなって、白い雲で覆われています。これが、天気予報でよく耳にする山沿いでは「・・・」と変わりやすい気象の現れでしょうか。

<山沿いではお天気が崩れるでしょう>

1-10yuki14

 西を見ると、春から秋にかけては葉で覆われた大樹に目隠しされていた川沿いの建物が、落葉した枝の隙間から姿を見せています。その向こうには青空が広がっています。

 冬の間は、鴨川沿川の色んな建物や、民家の佇まいを見ることができます。もしかしたら、冬の鴨川の魅力の一つとして、まち並みと鴨川というキーワードが浮かび上がってくるかもしれません。

<ここには「こんな」建物が>

1-10yuki15

 鴨川の冬といえば、もう一つの代表は「ユリカモメ」です。今年もその姿を少し詳しくご紹介しましょう。

<ユリカモメ 少数の群れ>

1-10yuki16

 二条大橋上流の飛び石の傍に出来た中州で、群れている「ユリカモメ」を見かけました。飛び石へと下りて、「ユリカモメ」目線で鴨川をと思い近づくと、一斉に飛び立ち、中州へ戻りの繰り返しで、その飛行する姿を撮らせてくれました。

<中州から一斉に飛び立ち>

1-10yuki17 

<その上空を旋回>

1-10yuki18

<順次中州へと戻り>

1-10yuki19 

<元通り整列>

1-10yuki20 

<また上空を旋回>

1-10yuki21 

<誰の号令か?同じ事の繰り返し>

1-10yuki22 

 群の「ユリカモメ」の行動は、皆で同じパターンで動くのに対し、単独の「ユリカモメ」は自由気ままといった感じです。水面に波紋を広げながらのんびりと浮かんでいます。

<なにか食べ物流れて来ないかな>

1-10yuki23 

<水の中には無いようだし>

1-10yuki24

<賀茂大橋の陰で 飛び石の傍>

1-10yuki25 

<おっと何か居た>

1-10yuki26 

 

 「ユリカモメ」にエサを与える方が多くおられます。そのせいでしょうか、高水敷に立ち止まって眺めているだけで、「ユリカモメ」が近寄ってきます。そして何度か周りを旋回したあと、元の位置へ戻っていきます。

<寄ってくる“ユリカモメ” エサは与えていません>

1-10yuki27 

<エサをもらえないと去ってゆく>

1-10yuki28

 鴨川冬の風物詩となった「ユリカモメ」も元を正せば「エサやり」で定着したそうですが、現在は自然の野鳥は自然のままにというのが適切な対応となっています。人なつっこいユリカモメにエサをやるのは楽しいとは思いますが、ここはグッとこらえて見守ってください。

 

 次回は、1月19日日曜日に少し多めの雪の積もった休日の「雪遊び」の様子をお届けしたいと思います。

  平成26年1月15日 (京都土木事務所Y)

 

 

  •  バックナンバー:<第1号から第6号> 

鴨川真発見記<1から6>

bakku1 

  • バックナンバー:<第7号から第12号>

鴨川真発見記<7から12> 

bakku7

  • バックナンバー:<第13号から第18号>

鴨川真発見記<13から18>

bakku13 

  • バックナンバー:<第19号から第24号>

鴨川真発見記<19から24> 

bakku19

  • バックナンバー:<第25号から第30号>

鴨川真発見記<25から30>

bakku25   

  • バックナンバー:<第31号から第36号>

鴨川真発見記<31から36> 

31

  • バックナンバー:<第37号から第42号> 

鴨川真発見記<37から42>

37

  • バックナンバー:<第43号から第48号>

 鴨川真発見記<43から48>

43

  • バックナンバー:<第49号から54号>

鴨川真発見記<49から54>

49

  • バックナンバー:<第55号から第60号>

鴨川真発見記<55から60>

55

  • バックナンバー:<第61号から第66号>

鴨川新発見記<61から66>

61

  • バックナンバー:<第67号から第72号>

鴨川真発見記<67から72>

67

  • バックナンバー:<第73号から第78号>

鴨川真発見記<73から78>

73

  • バックナンバー:<第79号から第84号>

鴨川真発見記<79から84> 

79

  • バックナンバー:<第85号から第90号>

鴨川真発見記<85から90>

85

  • バックナンバー:<第91号から第96号>

鴨川真発見記<91から96>

91

  • バックナンバー:<第97号から第102号>

鴨川真発見記<97から102>

97

  • バックナンバー:<第103号から第108号>

鴨川真発見記<103から108>

103

  • バックナンバー:<第109号から第114号>

鴨川真発見記<104から114>

109

  • バックナンバー:<第115号から第120号>

鴨川真発見記<115から120>

115

  • バックナンバー:<第121号から第126号>

鴨川真発見記<121から126>

121kara126

 

お問い合わせ

建設交通部京都土木事務所

京都市左京区賀茂今井町10-4

ファックス:075-701-0104

kyodo-kikakusomu@pref.kyoto.lg.jp