トップページ > 産業・雇用 > 中小企業支援・海外ビジネス支援 > 京都府の産業支援について > 時代劇フェスティバルの開催及びモニター募集について

ここから本文です。

時代劇フェスティバルの開催及びモニター募集について

時代劇フェスティバル実行委員会((株)東映京都スタジオ、東映(株)京都撮影所、京都府、(株)アドリンク)は本年度の文化庁国際文化芸術拠点形成事業として「時代劇フェスティバル」を東映太秦映画村内において2019年2月9、10、11日の3日間で開催致します。

<公式サイト:https://kyoto-samurai-studio.com(外部リンク)

日本在住の外国人や訪日観光客など3日間で約500名の外国人モニターを募集し、英語と中国語の2 カ国語で映画村内を約2 時間かけて見学・体験した後、各参加者がSNSで情報発信を行うツアー等を実施することとしております。当日は通常通り開村もしており、映画史の翻訳版展示や時代劇紹介映像の放映も行います。

 

日時、場所

日時:2月9日(土曜日)10日(日曜日)11日(月曜日)9時30分~17時00分

(英語ツアー:各日午前10時と13時からの2回)

(中国語ツアー:各日午前11時と14時からの2回)

場所:東映太秦映画村(京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10)

時代劇フェスティバル(外部リンク)

モニターツアーの内容

  • 映画文化館案内解説、展示物の見学
  • オープンセット案内
  • 撮影所セット及び各種倉庫内見学
  • 侍所作体験
  • 映画村自由見学(新選組ハッピ貸出しあり)

注※外国人モニターツアーに参加希望の場合は、公式サイトから申込みください。

2015年にはインバウンド需要が急激に高まり“爆買い”がその年の流行語に選ばれました。

しかし、その爆買いも最近では落ち着きを見せ、訪日観光もモノ消費からコト消費へとニーズの中心が移っていると言われています。訪日観光におけるコト消費、つまり日本らしい体験をすることへのニーズが高まる中、外国人の時代劇体験のニーズを探ることを実施していきます。

【外国人モニターツアーに関するお問い合わせ】

株式会社東映京都スタジオ 管理部 河西 央、鵜川 慎也

TEL:075-864-7710

Email:h_kasai@toei-eigamura.co.jp

s_ukawa@toei-eigamura.co.jp

株式会社アドリンク 代表取締役 上治 太紀

TEL:075-662-6889  Email:ueji@addd-link.co.jp

 

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp