ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 京都府の農林水産技術と研究の推進 > 梅雨後期における被害(大雨等)対策について

ここから本文です。

梅雨後期における被害(大雨等)対策について

   本年は入梅以降、局地的に雷を伴った大雨が降ることが多く、激しい降雨に見舞われた地域がありました。

    今後も、大雨のおそれがあると見込まれますので、以下に梅雨後期の被害対策について、技術資料を作成しました。
  今後の気象状況と作物の生育に応じた管理に十分注意してください。 

 

大雨対策

(1)水稲

(事前対策)

  • 冠水が予想される場合は、排水口及び排水路の整備を行っておきましょう。

(事後対策)

  • 大雨により浸・冠水した水田では速やかに排水しましょう。また、排水時にはゴミ等を可能な限り、取り除くようにしてください。
  • 特に、冠水した場合はできるだけ早く、稲体が水面上に露出するよう排水に努めましょう。
  • 水温が高いと被害が大きくなるので、排水できない場合でも、できるだけ新しい冷たい水を流入させてください。
  • 浸・冠水田では黄化萎縮病や白葉枯病、アワヨトウなどが異常発生する場合があるので、過去にこれらの病害虫被害を受けた地域では、適切に防除しましょう。
  • 土砂流入田では、流入量が少ない場合は土砂を取り除き、稲の生育回復を図ります。
  • 土砂の流入量が多くても、その後の湛水に影響が少ない場合は、湛水ができる程度に株元の土砂を取り除いてください。なお、流入土砂の除去はできるだけ早く行いましょう。 

 

(2)豆類

(事前対策)

  • 黒大豆、紫ずきんでは排水対策が最も重要であり、生育初期に湿害を受けると、その後の生育に大きな影響を受けるため、できる限りの排水対策を講じましょう。
  • 7月中旬以降に播種期を迎える小豆では、排水溝の設置や排水口周りの整備等十分な排水対策を行い、適期播種ができるようほ場の準備に努めてください。

    (事後対策)
  • ほ場が浸・冠水した場合は、速やかな排水に努めてください。
  • 茎疫病発生が懸念される場合は、Zボルドー粉剤DL及び撒粉ボルドー粉剤DL(両剤はダイズ、エダマメに適用あり)やランマンフロアブル(ダイズ、エダマメ、アズキに適用あり)等を株元を重点に散布し、予防に努めましょう。
  • 回復が見込めない病害発生株は早急に抜き取り、ほ場外に持ち出して処分してください。 

 

 (3)野菜・花き

(事前対策)

  •  ハウス周囲の排水溝を整備し、ハウス内への雨水の流入を防ぎましょう。
  • 露地栽培では、畝尻や排水溝を整備し、ほ場内に滞水しないようにしてください。

(事後対策)

  • 浸・冠水した場合は早急に排水に努めるとともに、換気や風通しに十分留意し、土壌の乾燥に努めてください。
  • マルチをしている畝が浸水した場合は、晴天になるまでの間、マルチをめくって乾燥に努めましょう。畝表面に根が露出している場合は、めくる程度を小さくします。
  • 茎葉に付着した泥は水で洗い流してください。また、病害の発生が懸念される場合は、適切な薬剤を散布しましょう。
  • 根傷みや茎葉の汚損により草勢の低下が懸念される場合は、液肥の葉面散布を行い、草勢の回復を図りましょう。
  • 果菜類で根傷みにより草勢が衰えている場合は摘果や若取りを行い、草勢の回復を図ってください。

 

(4)果樹

(事前対策)

  • 排水溝の点検や溝切りを行い、樹園地内に滞水しないよう整備しておきましょう。
  • 水田転換園等の排水不良園では、明きょなどの設置により排水溝の整備を図りましょう。

    (事後対策)
  • 園地内に滞水が見られる場合は、再度の排水溝の点検や溝切り等整備やポンプアップ等により、速やかに排水して、土壌の乾燥に努めてください。
  • 病害の発生が懸念される場合は、適切な薬剤を散布してください。

 

梅雨後期の対策

(1)水 稲

  • 今後の天候の推移に注意して、ほ場の観察をこまめに行い、葉いもちの発生を認めたら粉剤、液剤等で防除しましょう。特に、山間谷間田や野菜跡の水田、水口等は早くから発生しやすいので十分注意してください。
  • 穂肥は、ほ場の状況をよく確認して、適期に適量を施用しましょう。
  • 斑点米カメムシ類は、ほ場周辺のイネ科雑草が飛来源となるので、これら雑草の除草に努めましょう。ただし、出穂間近な時期の除草は、カメムシ類を水田内に追いやることとなるので、除草は出穂の1週間前までに終えるようにしてください。

【参考】
 BLASTM(アメダス)による葉いもち好適感染条件の判定結果
  JPP-NET提供による6月16日~7月6日までの府内各地及び近隣地点における判定結果は以下のとおりです。

  

 

(2)豆類

  • 天候の推移に注意し、雨の合間に中耕培土を行い、根の活性化に努めましょう。
  • 小豆は発芽後の湿害を受けやすいので、まとまった降雨後に滞水しないよう排水対策に留意してください。

 

(3)野菜

  • 曇雨天や多湿により病害が発生しやすいので、ほ場をこまめに観察し、病害葉を認めたら、ほ場外に持ち出し処分しましょう。発生の拡大が懸念される場合には、早めに薬剤散布を行ってください。
  • 果菜類の整枝・せん定は、曇雨天時には行わず、梅雨の晴れ間に行いましょう。
  • 黒マルチの場合には、梅雨の晴れ間の温度上昇を抑制するため、稲わら等で被覆します。なお、ナスでは一度に強せん定すると果実が日焼けするため、1~2日おきに適宜行ってください。

 

(4)花き

  • 切花、鉢花・花壇苗等では立枯症や灰色かび病やうどんこ病等が多発しやすくなるので、病害予防のための薬剤散布に努めてください。
  • 施設栽培では換気を十分行うとともに、扇風機等で室内の空気を攪拌することも有効です。露地栽培では、ほ場内の排水に努め、根傷みを防ぎましょう。

 

(5)果樹

  • 降雨が続く場合は、樹園地内の排水に努めるとともに、ナシの黒斑病、ブドウの黒とう病、べと病の防除を行ってください。
  • 日照不足になりやすいので、徒長枝等の捻枝・誘引を行って、日当たりをできるだけ良くします。また、果実の品質を高めるため、混みあった枝葉を誘引または剪定・間引きし、果実付近の日当たりを改善しましょう。

 

(6)茶

  • 長雨が続く場合は、根腐れを防止するため、園内の排水に努めましょう。
  • 二番茶を摘採しない茶園では、炭そ病の発生が懸念されるので、防除を行ってください。

 

(7)飼料作物

  • 転換畑等の排水不良が懸念されるほ場では、大雨や長雨により生育不良や機械作業への支障を来すので、排水溝や排水口の点検など排水対策に努めましょう。  

 

お問い合わせ

農林水産部流通・ブランド戦略課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4974

ryutsu-brand@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?