ここから本文です。

おすすめ情報令和2年1月31日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和2年1月31日(金曜)現在

観覧温室では

ブラジルデイゴ

ブラジル デイゴ
Erythrina speciosa
マメ科
ブラジル南部原産。外見がサンゴのように見えることから、別名ピンクコーラルツリー「Pink coral tree(ピンクサンゴの木)」と呼ばれている。砂漠サバンナ室にて見頃は2月上旬まで。

アングレクムエブルネウム

アングレクム エブルネウム
Angraecum eburneum
ラン科
ケニヤ南東部~タンザニア東部原産。アングレクム(Angraecum)はマレー語の「angurek(アングレク)」からきており着生植物という意味がある。ラン室にて見頃は2月上旬まで。

樹林地では

マホニアチャリティ

マホニア 'チャリティ'
Mahonia x media 'Charity'
メギ科
中国原産のヒイラギナンテンとマホニア・ロマリフォリアとの交雑種。2月中旬まで植物園会館前で。

ロニケラレモンビューティー

ロニケラ 'レモンビューティー'
Lonicera  'Lemon Beauty'
スイカズラ科
レモン色の斑入り葉が特徴の園芸品種。当園の個体は珍しい大株。2月中旬まで桜林北で。

 花壇では

ヘルボルスオリエンタリス

ヘレボルス オリエンタリス
Helleborus orientalis
キンポウゲ科
ギリシア、トルコ原産。英名は「レンテンローズ」。花は咲き始めがクリーム色で、徐々に褐色を帯びてくる。北山広場にて見頃は3月下旬まで。

シクラメンコウム 

シクラメン コウム
Cyclamen coum
サクラソウ科
東ヨーロッパ~西アジアにかけて広く分布。寒さに強く冬から春にかけて開花する。球根ガーデンにて見頃は3月下旬まで。

四季彩の丘などでは

雲龍ナツメ

雲龍ナツメ
Ziziphus jujuba
クロウメモドキ科
南ヨーロッパを原産とするナツメの園芸品種。クネクネと曲がった幹や枝が特徴的。中国植物園にて春に葉が出てくるまで観賞することが出来る。 

ジャノメエリカ

ジャノメエリカ
Erica melanthera
ツツジ科
南アフリカ原産。釣鐘型の桃色の小さな花を樹幹全体に咲かせる。四季彩の丘にて見頃は3月上旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?