ここから本文です。

おすすめ情報令和2年2月14日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和2年2月14日(金曜)現在

観覧温室では

ハイビスカス インスラリス

ハイビスカス インスラリス
Hibiscus insularis
アオイ科
フィリップ島原産。2ヶ所の自生地ノーフォーク島では持ち込まれた家畜の食害で全滅、フィリップ島に僅かに残り「世界で最も貴重な植物」のひとつである。ジャングル室にて見頃は2月下旬まで。

ハイドゥンツバキ

ハイドゥンツバキ 
Camellia amplexicaulis
ベトナム北部~中国南部原産。ベトナムのグエン王朝で愛され、門外不出の「幻の名花」と呼ばれていたそうである。ラン室にて見頃は2月下旬まで。

樹林地では

ツバキ‘数寄屋’

 ツバキ ‘数寄屋’ 
Camellia wabisuke ‘Sukiya’
ツバキ科 
一重、猪口咲き、小輪の早咲き品種。つばき園で3月上旬まで。

ウメ

 ウメ
Prunus mume ‘Iro-tamagaki’
バラ科
菅公由来で有名な「飛梅」はこの品種。梅林で3月上旬まで。

 花壇では

 クレマティス  クラルケアナ

クレマティス クラルケアナ
Clematis clarkeana
キンポウゲ科
中国原産。冬にベル形の白花を咲かせるため、英名では「ウィンターベル」と呼ばれている。ワイルドガーデンにて見頃は2月下旬まで。

 

スノードロップ

スノードロップ
Galanthus nivalis
ヒガンバナ科
フランス以東に広く分布。英名の「snowdrop(雪の雫)」は、花の形を表している。球根ガーデンにて見頃は3月上旬まで。

四季 彩の丘などでは

クリスマスローズ

クリスマスローズ
Helleborus × hybridus
キンポウゲ科
地中海沿岸地域に自生するヘレボルス属の園芸品種。海外では「Helleborus niger(ヘレボルス ニゲル)」のみクリスマスローズと呼ぶ。ばら園にて見頃は3月下旬まで。

 

ジャノメエリカ

ジャノメエリカ
Erica melanthera
ツツジ科
南アフリカ原産。釣鐘型の桃色の小さな花を樹幹全体に咲かせる。四季 彩の丘にて見頃は3月上旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?