ここから本文です。

PFIとは

1.PFIって?

PFIとは、PrivateFinanceInitiative(プライベート・ファイナンス・イニシアチブ)の略で、公共施設等の建設・維持管理・運営等を民間部門(プライベート)の持つ経営ノウハウや資金(ファイナンス)を活用することで、低廉かつ良質な公共サービスを提供することを目的とした新しい公共事業の手法です。1992年に英国で導入され、日本では1999年に「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」(PFI法)が制定され、本格的に導入がはじまりました。

その特徴は、公共部門と民間部門の役割の見直しにあります。従来の公共事業では、公共部門が事業の計画立案から執行までのすべての活動を主体的に行っています。一方、PFIは、計画立案および監視機能を公共部門が担い、実施(設計・建設・維持管理・運営)についてはできるだけ民間に任せます。

2.他の手法とどう違う?

従来型公共事業と他の方式の比較
手法 運営 施設整備 サービス水準
決定・監視者
従来型公共事業 公共 公共 公共
外注 民間
(単年度・単一業務)
公共 公共
PFI 民間
(長期・包括業務)
民間 公共
民営化 民間 民間 民間

3.PFIの効果

PFIを導入することにより、次のような効果が期待できます。

住民サービスの向上、効率的かつ効果的な公共サービスの提供

PFIでは、民間事業者の経営ノウハウや技術的能力を活用できます。また、事業全体のリスク管理が効率的に行われることにより、コスト削減や質の高い公共サービスの提供が期待されます。

財政支出の平準化

従来型の公共事業の場合、自己財源により建設費を負担し、建設代金は建設期間にすべて払うため、事業期間の最初の2年~3年に大きな財政負担が発生します。一方、PFI事業の場合、毎年、建設費を事業期間で接分した額と、施設の維持管理費・運営費などが一体となったサービス料を民間事業者に支払っていきます。そのため公共の側は財政の平準化効果を得ることができます。

行政と民間の新たな提携及び民間事業の拡大

PFIは、これまで公共が行ってきた事業を民間事業者に委ねることから、民間に対しても新たな事業機会をもたらすことに加え、他の収益企業と組み合わせることによっても、新たな事業機会を生み出すことになります。

お問い合わせ

総務部府有資産活用課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5450

huyushisan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?