ここから本文です。

PFIの仕組み

特別目的会社とは?
PFIでは設計から運営まで一括して、一社の民間事業者に委ねます。その際、その事業のためだけに、複数の企業が連合を組んで設立するのが特別目的会社です。

PFI事業では、公共と民間の間で事前にリスクを最適に配分し、あらかじめ責任を確定しておきます。そのためには、しっかりとした契約を結んでおくことが大変重要となります。

  • 特定事業契約
    公共部門と民間事業者の間で締結される、PFI事業のかなめとなる契約です。施設の設計・建設・管理運営・資金調達まで包括して委ねる契約です。
  • ダイレクトアグリーメント(直接協定)
    本来PFI事業では、金融機関と公共部門の間に融資等、直接的な事業関係は発生しませんが、SPCが破綻した場合でも、事業を途中で中断せずに継続させることを目的として結ぶ契約です。
  • 融資関連契約
    資金調達にあたってSPCと金融機関との間で結ばれる契約です。

お問い合わせ

総務部府有資産活用課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5450

huyushisan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?