丹後広域振興局

トップページ > 地域振興 > 丹後広域振興局 > 大手川の整備イメージ

ここから本文です。

大手川の整備イメージ

大手川は宮津市の中心を流れる川として、また、城下町の面影を残す河川として、古くから市民や訪れる人々に親しまれてきました。

その大手川について、台風23号により甚大な浸水被害を受けたことから、「激甚災害対策特別緊急事業」による抜本的な改良復旧を行うこととなりました。

その中で、大手川は宮津市の中心部を流れる川であるということから、治水と環境の両立を目指した整備を進めています。

整備に当たっては、生態系の調査結果、リバーウォッチング、ワークショップでの検討など、様々な視点から協議・検討を行い、生態系や景観対策についても十分配慮しています。

ここでは、ワークショップでの協議・検討を経て決定した整備イメージをご紹介します。

下流部の整備イメージ

下流部は「大手川の護岸を考えるワークショップ」での検討を経て、旧宮津城のお堀をイメージした整備などを行います。

大手川下流部の整備イメージ

中流部の整備イメージ

中流部の蛇行区間の改修による旧河川部分の有効活用について、「大手川に『自然と親しむ空間』を作ろう」ワークショップでの検討を経て整備イメージを決定しました。

「大手川に『自然と親しむ空間』を作ろう!」整備イメージ

上流部の整備イメージ

上流部の上宮津地区では「地域で創り、育てる川づくり」を目標に、「大手川『みんなで育む!川づくり』ワークショップ」で検討を行いました。

大手川関係のページへ

お問い合わせ

丹後土木事務所 災害対策室 ダイヤルイン電話 0772-22-3243

お問い合わせ

丹後広域振興局建設部 丹後土木事務所

宮津市字吉原2586-2

ファックス:0772-22-3250

tanshin-do-tango@pref.kyoto.lg.jp