丹後広域振興局

トップページ > 地域振興 > 丹後広域振興局 > 大手川イメージアップの取り組み(ノーヘルゾーン他)について

ここから本文です。

大手川イメージアップの取り組み(ノーヘルゾーン他)について

大手川改修工事は、皆様方のご理解・ご協力をいただき順調に進んでおり、いよいよ佳境に入ってきました。

その中で、多くの方に工事についての理解を深めていただく取り組みを進めています。

工事状況(平成20年4月8日撮影)

中橋上流 KTR宮津川橋りょうの架け替え工事
中橋上流(写真左)と北近畿タンゴ鉄道宮津川橋りょう(写真右)

イメージアップの取り組み

見学スペースの設置

ノーヘルゾーンの様子

ふれあい広場に「ノーヘルゾーン」として、ヘルメットを着用しなくても工事が見学できるスペースを設けました。

看板類の設置

イメージパース及び親水区域図

改修断面図 改修イメージ

改修のイメージ図、氾濫区域図や断面図などを掲示し、どのようになっていくのか分かりやすく工夫しています。

自転車にもエプロン

エプロンをつけた自転車

工事関係者の自転車にも、ダンプトラック、ヘルメットに続き「エプロン」を付けています。

大手川の関係者として、高い志をもって工事に従事することとしています。

お気づきの点などありましたら、お気軽にお知らせください。 

イメージアップの取り組み

お問い合わせ先

丹後土木事務所 災害対策室 ダイヤルイン電話 0772-22-3243

お問い合わせ

丹後広域振興局建設部 丹後土木事務所

宮津市字吉原2586-2

ファックス:0772-22-3250

tanshin-do-tango@pref.kyoto.lg.jp