sma_menu

トップページ > 小児接種について

更新日:2022年4月8日

ここから本文です。

小児接種に関して

5歳から11歳の小児への接種に関する情報を掲載しています。
よくお読みいただき、接種のメリット・デメリットを御理解の上、接種を検討してください。

小児接種を希望される方へ

接種対象者

日本国内に住民登録のある5~11歳の方(国籍は問いません。)

接種開始時期

令和4年3月以降順次開始

※小児接種の接種券発送スケジュールや予約受付開始時期等は、市町村によって異なります。まずは住民票のある市町村のHPをご確認いただき、わからない点は、市町村のコールセンターにお問い合わせください。

接種費用

無料(全額公費)

使用するワクチン

ワクチン 接種回数 1回目2回目の
接種間隔
接種対象年齢
ファイザー社の小児用ワクチン 2回 通常3週間 5~11歳


●1回目と2回目の接種間隔
通常、3週間の間隔を空けて、合計2回接種します。
1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

〔他のワクチンとの接種間隔〕

他の予防接種と新型コロナワクチンを同時に接種することはできません。

前後に他の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。


●接種対象年齢
接種する日の年齢です。
小児用新型コロナワクチンでは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも1回目と同じ小児用ワクチンを使用します。

接種会場

  • 市町村による接種会場

各市町村の最新情報は、市町村ホームページをご確認ください。

小児接種についてのリーフレット

リーフレット(全体版)
【5~11歳のお子様と保護者の方へ】
新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(PDF:3,820KB)

 

リーフレット
(4ページ目単独)【5~11歳のお子様向け】
新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(PDF:1,945KB)

 

保護者向け
【小児(5~11歳)接種用】
ファイザー社新型コロナワクチンについての説明書(PDF:1,045KB)

 

小児用接種後リーフレット
【コミナティ5~11歳用(ファイザー社)を受けたお子様と保護者の方へ】
新型コロナワクチンを受けた後の注意点(PDF:1,203KB)

 

小児接種についてのQ&A(厚生労働省HP(外部リンク)

小児接種に関する詳しい内容

厚生労働省HP

保護者の同意と立ち合い

  • お子様のワクチン接種には、保護者の方の同意と立ち合いが必要です。

ワクチンを受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持っていただいた上で、保護者の方の意思に基づいて接種をご判断いただきますようお願いします。保護者の方の同意なく、接種が行われることはありません。
周りの方に接種を強制したり、接種していない人に対して差別的な対応をすることはあってはなりません。

新型コロナワクチンを受けるには

  • ワクチン接種当日は可能な限り母子健康手帳をご持参ください。

子どものワクチン接種では、接種履歴は母子健康手帳で管理しているため、接種当日には可能な限り母子健康手帳をご持参ください。

  • ワクチンについての疑問や不安があるときはかかりつけ医などにご相談ください。

新型コロナワクチンと他のワクチンとの接種間隔などについては、かかりつけ医などにご相談ください。同時または前後2週間は、原則、他のワクチンを受けることはできません。また、お子様に基礎疾患があるときなど、ワクチンについての疑問や不安があるときも、かかりつけ医などにご相談ください。

お問い合わせ

健康福祉部ワクチン接種対策室

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5987

vaccine-taisaku@pref.kyoto.lg.jp