ここから本文です。

南丹地域 <中部>

この地域は、丹波高原を中心に、桂川、由良川の水と緑に恵まれた自然豊かな地域で、交通がよく発達し、京都や大阪や神戸の大都市に近く、豊かな田園地帯です。

農業

京都市など都市への通勤が可能なため、他の仕事との兼業で農業をする人が多くなっています。

大規模なほ場整備が実施された結果、府内では一番の穀倉地帯(穀物が多く産出される地帯)となり、お米を中心に、小豆・黒大豆などを作っています。平成28年には南丹地域で作られたキヌヒカリが、全国のお米ランキングで一番おいしいお米であるという「特A」ランクを獲得しました。また、最近では、ビニールハウスで作る野菜や黒大豆枝豆の栽培が盛んで、「京のブランド産品」(外部リンク)の生産増加に取り組んでいます。

また、牛や豚を育てる畜産農家が多いのも特徴です。

林業

府内でも林業がさかんに行われているところです。また、この地域の森林は、桂川や由良川の水に流れこむ水をきれいにするなど、重要な役割も果たしています。

丹波地域は、アカマツ林が多く、むかしから香りの良い「丹波まつたけ」の産地です。また、粒が大きく、甘くて粘りのある「丹波くり」なども有名です。

自然・歴史・文化とふれあう場として、森での体験学習ができる「STIHLの森京都(府民の森ひよし)」もあります。

 

府民の森ひよし

府民の森ひよし 
STIHLの森京都(府民の森ひよし)

水産業

<川での魚つりが中心です>

川ではアユ、アマゴ等を放流し、魚を増やしてとる漁業が行われています。

それらの魚を釣って楽しむ人も多く、レクリエーションの場となるなど、都市住民にとっても重要な役割を果たしています。

お問い合わせ

農林水産部農政課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4898

ファックス:075-414-4939

nosei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?